第84回日本ダービーのレース結果

レース結果

着順 馬名 騎手 着差 人気
1 12 レイデオロ ルメール 2.26.9
2 4 スワーヴリチャード 四位洋文 3/4
3 18 アドミラブル M.デム 11/4
ラップタイム
  • 13.0
  • 11.2
  • 12.9
  • 12.8
  • 13.3
  • 12.5
  • 12.1
  • 12.6
  • 12.7
  • 11.5
  • 10.9
  • 11.4
通過
  • 37.1
  • 49.9
  • 63.2
上がり
  • 46.5
  • 33.8

払戻

単勝
12
530円
複勝
12
180円
4
200円
18
150円
ワイド
4-12
650円
12-18
470円
4-18
490円
枠連
2-6
1,180円
馬連
4-12
1,620円
馬単
12-4
2,860円
3連複
4-12-18
2,220円
3連単
12-4-18
11,870円

競馬予想ブログの日本ダービー回顧

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:日本ダービー」「キーワード:回顧」が含まれるブログ記事です。

KLANユーザーのレース回顧

  • 予想
    うまもん さんうまもん
    ----位
    • 4スワーヴリチャード2着
    • 11ペルシアンナイト7着
    • 6サトノアーサー10着
    • 18アドミラブル3着
    • 12レイデオロ1着

    他 3頭

    単勝回収率
    --.-%
    回顧メモ
    良馬馬で今週からCコース、先週のオークスよりも高速決着も考えられたが、逃げた横山典・マイスタイルが横典マジックで前半1000m63秒の超・スローペース。これではたまらんとばかりにルメール・レイデオロが後方より向う上面1000m付近から仕掛け先団に位置する。結果的にはこの仕掛けが功を奏する。それに続き戸崎・ペルシアンナイトも仕掛け3番手をキープ。四位・スワーブリチャードは好枠4番を生かして内々を7番手で追走、デムーロ・アドミラブルは18番枠が響き終始後方からの競馬となる。レース前のインタビューでデムーロの顔が引きつっていたのはこの位置取りを想像してのものだろう。直線に向いて横典・マイスタイルが意外と粘るところ2番手のルメール・レイデオロが捉え早め先頭に立ち四位・スワーブリチャードが外から猛追、一瞬差し切るかと思いきやレイデオロがゴール前もうもう一伸びして追いすがるスワーブリチャードを押さえる
  • 予想
    Jack さんJack
    ----位
    • 7アルアイン5着
    • 1ダンビュライト6着
    • 6サトノアーサー10着
    • 11ペルシアンナイト7着
    • ×13カデナ11着

    他 11頭

    単勝回収率
    --.-%
    回顧メモ
    レイデオロ 1着
    レース前評価:追い切りは抜群。騎手の指示を聞く余力もある。3番手で警戒。
    向こう正面で捲くると言う積極策が功を奏した。直線でスワーヴリチャードが競っても、余力が残っていた。キャリアを踏まず、底を見せてない分、秋が楽しみ。折り合いはつくし、3000mは問題ない。

    スワーヴリチャード 2着
    レース前評価:鋭い末脚あるけど、道中の折り合いがあってこそ…。
    4角でアルアインを弾いて進路を確保し、直線でも外に意図的に張り出して複数頭に影響を与え、2着なので…輝きは薄い。折り合いの難しい所はある。末脚を安定して引き出せるか。

    アドミラブル 3着
    レース前評価:200m過ぎからは、文句なしに速い。十分だろう。期待。
    大外枠は若干ビハインドになったけど、敗北の大きな要因とは思わない。前走に比べて折り合いを苦にしたが、青葉賞に比べてペースが遅かった分かな。秋には更なる飛躍を期待。
  • 予想
    ジャスティスイケメン さんジャスティスイケメン
    ----位
    • 11ペルシアンナイト7着
    • 18アドミラブル3着
    • 1ダンビュライト6着
    • 15ダイワキャグニー14着
    • 7アルアイン5着

    他 13頭

    単勝回収率
    --.-%
    回顧メモ
    当初の◎レイデオロをパドックのテンションが非常に高く、軸をペルシアンナイトに変更して馬券は不的中となった。皐月賞後からレイデオロ本命にしていただけに痛恨。
    当初の血統的には非SS産駒馬、ローテ的には異流ローテというのも当たっていた。
    初志貫徹って本当に大事だなと実感。
    パドックのテンション高さで軸を変更することは今後は無きようにしたいと思う次第である。
    木村カエラのホリデーMVの衣装が黒色と緑色が割かし目立つのもサインだったかも。

    馬券不的中であったが、将来的な種牡馬として価値が非常に高いレイデオロがダービー優勝の箔がついた事はとても良かった。
    完全非SSのキンカメ×ロベルト系。母の母の母にはディープインパクトの母のウインドインハーヘアが入っている事も凄いところ。SS産駒との幅広い配合が期待出来そうだ。

    現役、引退後も含めたスーパーホースが誕生した2017年の日本ダービーとなった。
  • 予想
    ID:52916 さんID:52916
    ----位
    • 12レイデオロ1着
    • 7アルアイン5着
    • 18アドミラブル3着
    • 11ペルシアンナイト7着
    • 10ベストアプローチ9着

    他 9頭

    単勝回収率
    --.-%
    回顧メモ
    レベル85

    かなりペース遅く前有利の上がり勝負

    2着スワーヴリチャード
    やはり左回りももう少し流れて欲しかった

    3着アドミラブル
    展開、大外枠に尽きる

    5着アルアイン
    4コーナーで勝ち馬ぐらいのポジション取れていればもう少し勝負になっていたかも

    6着ダンビュライト
    道中も行きたがっており、瞬発力勝負では分が悪い

    7着ペルシアンナイト
    勝ち馬と同じように上がって脚を使った分最後弾けなかった
  • 予想
    遠藤 さん遠藤
    ----位
    • 7アルアイン5着
    • 1ダンビュライト6着
    • 4スワーヴリチャード2着
    単勝回収率
    --.-%
    回顧メモ
    道中どスローと判断するや否や超早めに仕掛けたルメール騎手の神判断。
    この大舞台でルメール騎手のような神騎乗&神判断ができるジョッキーが日本人騎手の中で何人いるのかって話。
    とんでもないものを見てしまったよ。

    オークスに続いて外国人騎手の1着3着コンボ。
    外国人騎手は人気になりがちで中々買いづらいけど4週連続G1勝利とか普通にありそう。


    ◎5着 ○6着 ▲2着

第84回日本ダービーの予想

KLANユーザーの2017年日本ダービー予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
3.5 98.9 143.9 33.8 270.8 14.3 4.9 12.4 51.1 213.9 159.7 7.2 7.9 31.7 6.5 144.3 139.8 13.1 単勝オッズ
3 15 12 14 18 11 1 7 9 16 8 5 10 13 2 4 17 6 着順
× ダッツ さん ダッツ 195.8%
× はいちゃん さん はいちゃん 174.1%
× ID:54304 さん ID:54304 155.7%
× loser さん loser 154.2%
踏み切ってジャンプ さん 踏み切ってジャンプ 146.4%

予想オッズ(2817人の軸馬予想より算出)

4スワーヴリチャード
3.1倍
馬名 予想オッズ
スワーヴリチャード
3.1倍
アルアイン
4.4倍
アドミラブル
5.4倍
レイデオロ
6.3倍
ペルシアンナイト
8.4倍
サトノアーサー
12.2倍
ダンビュライト
12.4倍
カデナ
33.6倍
クリンチャー
52.4倍
ダイワキャグニー
80.5倍
ベストアプローチ
80.5倍
トラスト
450.7倍
ウインブライト
563.4倍
マイスタイル
751.2倍
アメリカズカップ
1126.8倍
マイネルスフェーン
2253.6倍
キョウヘイ
2253.6倍
ジョーストリクトリ
***.*倍

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

4スワーヴリチャード
13人
馬名 投票数
スワーヴリチャード
13人
ペルシアンナイト
7人
サトノアーサー
6人
アルアイン
5人
レイデオロ
5人
回収率100%超えのユーザーはスワーヴリチャードを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、スワーヴリチャードを2017年日本ダービーの軸馬として支持。48人中13人が本命馬と予想しています。

また、全体では2,817人が日本ダービーを予想し、719人のユーザーがスワーヴリチャードを軸馬と予想しています。これは25.5%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝3.1倍となります。

KLANユーザーの最新予想

  • 予想
    ミラクルタテヤマ さんミラクルタテヤマ
    486位
    • 11ペルシアンナイト7着
    • 4スワーヴリチャード2着
    • 18アドミラブル3着
    • 7アルアイン5着
    • 1ダンビュライト6着

    他 9頭

    単勝回収率
    16.6%
    予想メモ
    今年の皐月賞は異例だった。
    0秒9差に15着までが収まる差のないレース。
    前が止まらない高速馬場でペースも流れたため後方から抜けて速い上がりを使うのは物理的に無理だった。
    結果的に前に行ける馬が上位を占めた。
    先行して崩れた馬以外はリセットして考えたい。
    例年クラシック王道路線組のレベルが頭1つ上なのだが、今年は差がない。
    別路線組は例年以上にチャンス。
    ただ、別路線が上なのではなく差がないだけだと思うので、別路線の過剰人気には注意。
  • 予想
    ジャスティスイケメン さんジャスティスイケメン
    ----位
    • 11ペルシアンナイト7着
    • 18アドミラブル3着
    • 1ダンビュライト6着
    • 15ダイワキャグニー14着
    • 7アルアイン5着

    他 13頭

    単勝回収率
    --.-%
    予想メモ
    今年のクラシック戦線血統は非SS産駒がキーワード。フランケル、3世代目ハービンジャー。別路線のNHKマイルも1、2着は非SS産駒。ダービーもハービンジャー、既に実績あるキングカメハメハ(その子ルーラーシップも!)といった非SS産駒に要注目。過去実績的にディープ産駒筆頭にSS産駒が来てることはごもっともだがこの3歳世代は変化の世代であると捉えれば、血統的には非SS産駒馬、ローテ的には異流ローテの馬が来ることも十分考えられる。

    過去傾向踏まえ、近々のトレンド加味。血統のみならず騎手、厩舎他含め。
    前走皐月賞組は、皐月賞1~5着馬or皐月賞1~5番人気馬のみが馬券圏内。
    弥生賞4着の“ベストアプローチ”が青葉賞(2回東京第2週4月29日)でアドミラブルの2着2.24.0の時計で走破している事を比較すれば、弥生賞組も改めて評価必要。

    枠は内枠有利。
    また、当日の馬場傾向や馬体重はチェック必須。
  • 予想
    クコ さんクコ
    ----位
    • 7アルアイン5着
    • 6サトノアーサー10着
    • 5クリンチャー13着
    • 1ダンビュライト6着
    • 18アドミラブル3着

    他 1頭

    単勝回収率
    --.-%
    予想メモ
     本命はアルアインにしました。皐月ではノーマークでしたが、よくよく考えれば負けたのは重馬場だけで力はある、と思った人は沢山いるでしょう。この人気なら買いです。
     対抗はサトノアーサー。勝ちに近いのはこの2頭かなと思います。初の関東ですが、強烈な脚を持っているので東京は合いそうです。
     この2頭を軸におさえる馬を決めました。クリンチャーは皐月でも買いましたが、逃げ粘りの面白みがあるので。ダンビュライトは1枠1番なので。スワーヴリチャードが東京が得意そうなのと、バンドワゴンが好きという個人的な理由も。アドミラブルは万が一のために。

      買い目
    馬連2頭軸 6,7-1,4,5,6,7,18
    6-7 400円 他6,7-1,6,7,18 各100円
    計1200円

     一番運が良い馬が勝つと言われているダービー。だからこそ、最内ダンビュライトを高評価、大外アドミラブルを低評価にしてみました。
  • 予想
    うまもん さんうまもん
    ----位
    • 4スワーヴリチャード2着
    • 11ペルシアンナイト7着
    • 6サトノアーサー10着
    • 18アドミラブル3着
    • 12レイデオロ1着

    他 3頭

    単勝回収率
    --.-%
    予想メモ
    良馬馬で今週からCコースに替り高速馬場が予想されるなかメンバー的には逃げ馬不在でスローペースも考えられる。押し出される形で藤岡佑・クリンチャーのなめられ逃げに期待する。前走プリンシパルを好タイムで快勝した北村・ダイワキャグニーの先行策にも期待。そして好枠4番の四位・スワーブリチャードが道中は内々で我慢し直線差してくるのではないか?ペルシアンナイトも戸崎が東京コース得意とあるので好位置からいいタイミングで直線差すのではないか?ただペルシアンは皐月の激走の疲れが出た模様で回復に時間を要し絶好調ではないようだ。川田・サトノアーサーも好枠6番で好位置の競馬なら直線恐い。皐月賞馬アルアインは激走の疲れ、体系が東京向きでない、騎手松山・・で軽視。ルメール・レイデオロは調整遅れで皐月が叩き台5着だが不気味ではある。藤沢厩舎悲願のダービー制覇なるか?武豊ダンビュライドも1番枠恐いが力不足ではないか?
  • 予想
    ケンちゃん さんケンちゃん
    ----位
    • 4スワーヴリチャード2着
    • 11ペルシアンナイト7着
    • 18アドミラブル3着
    • 6サトノアーサー10着
    • 1ダンビュライト6着

    他 3頭

    単勝回収率
    --.-%
    予想メモ
    ◎スワーヴリチャード
    東京コースは共同通信杯(G3)を楽勝している得意コース。
    共同通信杯で2馬身以上の差をつけて勝った馬は過去30年間に5頭を数えるが、
    そのうち3頭がダービー馬となっている。
    今回は、調教の出来も前回よりも良し!!
    ○ペルシアンナイト
    皐月賞の2着馬モズカッチャンと同じハービンジャー産駒。
    意外に東京2400㍍はハービンジャー産駒は良い成績。
    アイビーSではソウルスターリングと同じ上り最速。
    調教は前回と同様の出来。
    ○アドミラブル
    余力を残すことに主眼を置いた前走の青葉賞(G2)は、緩めの調整、初の長距離輸送、初の左回りといったハードルを楽々とクリアして楽勝。
    2分23秒6の勝ちタイムはレースレコード。
    500kgを超える恵まれた馬体から繰り出す豪快なフットワークは大物感にあふれ、
    血統的にスタミナの裏付けがあるので苦しいところからさらにもうひと頑張りできる。
  • 予想
    爆音小僧☆彡 さん爆音小僧☆彡
    120位
    • 7アルアイン5着
    • 18アドミラブル3着
    • 6サトノアーサー10着
    • 15ダイワキャグニー14着
    • ×8トラスト8着
    単勝回収率
    88.2%
    予想メモ
    【今日のメイン予想】
    東京10R ダービー
     低レベルといわれた今年の牡馬戦線だが、その中でハイレベル戦だったのは葉牡丹賞、ホープフルS。その両方に勝利したのがレイデオロ。皐月賞はぶっつけで、いわば半信半疑と思われたレースぶり。それでも最後に足を使っているし、地力は十分に示したはず。叩いた上積みは十分で、距離も不安がなさそうなタイプ。これを中心視。相手はアドミラブル。ここ2走がとにかく強い勝ちっぷり。今回と同舞台での青葉賞勝ちで、相手関係だけだが今年のメンバーなら。あとは、皐月賞上位組のアルアイン、ペルシアンナイト。父系からは距離も何とか持つだろう。ダイワキャグニーは前走の勝ち時計がかなり優秀。勝手の違う条件だが、東京3戦3勝は怖い。スワーヴリチャードはレースぶりから明らかなサウスポー。サトノアーサーもアルアインから寸法を測れば通用。

    〈結論〉レイから馬連。1000円ずつ。
  • 予想
    シゲ@未勝利 さんシゲ@未勝利
    10位
    • 4スワーヴリチャード2着
    • 10ベストアプローチ9着
    • 7アルアイン5着
    • 18アドミラブル3着
    • 1ダンビュライト6着

    他 13頭

    単勝回収率
    141.1%
    予想メモ

     消 サトノアーサー めちゃくちゃ迷いましたが、ギアチェンジという面では劣る気がします。ちょっとシクラメン賞の上がりだけで過大評価なような。あまり器用でもないのでおそらく大外ぶんまわしでしょうし、仮に内を狙うとしても、この馬はマカヒキとはタイプが違います。最大11頭での競馬しかしていない馬が馬群を縫って突っ込んでくるとは思えませんでした。

     消 レイデオロ 逆にこの馬は悩みませんでした。ぶっつけの皐月賞はたしかに数字だけ見れば優秀ですが、内外を考えれば外を回したスワーヴリチャードの方が強い内容といえるハズ。この馬もホープフルSが過大評価臭いですし。消耗戦向きで、今回は適性外なような

     消 カデナ 皐月賞でペルシアンナイトについて内を上がっただけで脚を無くす。ということは、本当に最後の最後まで我慢する必要があります。それもかなりのスローで。それなら他の馬でも
     
     
  • 予想
    GoGo さんGoGo
    ----位
    • 4スワーヴリチャード2着
    • 18アドミラブル3着
    • 12レイデオロ1着
    • 11ペルシアンナイト7着
    • 7アルアイン5着

    他 2頭

    単勝回収率
    --.-%
    予想メモ
    ◎ スワーヴリチャード
    ○ アドミラブル
    ▲ レイデオロ
    △1 ペルシアンナイト
    △2 アルアイン
    ×1 クリンチャー
    ×2 ダンビュライト

    ◎は東京での走りはとにかく別物でスタートさえ決まれば馬格もあり上位争いは間違いないはず。○は前日の芝レースの感じから内外差は然程なく、ややパワー型の血統や馬が来ているのを踏まえると馬格があるのもプラスなはず。▲は中山のパフォーマンスがクローズアップされがちだが、新馬戦での東京の走りも強い内容で更に良くなるはず。△1はやや調子落ちを懸念して下げたがこのメンバーだと上位の能力はあるはず。△2馬格パワー申し分ないが本質的に距離が長いはずで皐月賞程のパフォーマンスが出るかは疑問も好戦する可能性は十分。×1は皐月賞の様によどみなく行ければ粘り込みの可能性も。×2とにかく春の武豊騎手の調子とこの枠を考えると能力以上に向く可能性が怖いので。
  • 予想
    馬券JAWS さん馬券JAWS
    ----位
    • 12レイデオロ1着
    • 4スワーヴリチャード2着
    • 6サトノアーサー10着
    • 1ダンビュライト6着
    • 13カデナ11着

    他 3頭

    単勝回収率
    --.-%
    予想メモ
    [日本ダービーデータまとめ]
    △関東所属騎手騎乗で当日10番人気以下
    (0-0-1-33)
    ×前走皐月賞で5番人気以下且つ4着以下
    (0-0-0-33)
    ×前走NHKマイルCで4番人気以下
    (0-0-0-18)
    ×前走京都新聞杯で2着以下
    (0-0-0-13)
    ×前走プリンシパルSで2番人気以下
    (0-0-0-6)


    《ポイント》
    日本ダービーの1番人気はまずまずの信頼度
    ですが、人気薄の好走もあり波乱含み。
    穴馬なら1800m以上の重賞勝ち実績のある馬。

    ローテ別では、皐月賞組中心。
    ローテと前走着順・前走人気で注目できる馬と
    軽視できる馬が見えてきそうですね。

    ・皐月賞…前走5番人気以下且つ4着以下は軽視
    ・NHKマイルC…前走3番人気以内が良い
    ・青葉賞…1着馬もしくは勝ち馬から僅差だった馬
    ・京都新聞杯…勝ち馬が良い
    ・プリンシパルS…1番人気だった馬
  • 予想
    める さんめる
    ----位
    • 4スワーヴリチャード2着
    • 6サトノアーサー10着
    • 5クリンチャー13着
    • 7アルアイン5着
    • 13カデナ11着

    他 13頭

    単勝回収率
    --.-%
    予想メモ
    勝負度B
    【土曜馬場傾向】
    まさかの土曜日は全てのレースが外差し決着で外が究極に伸びるような展開。おかげ様で(笑)土曜の予想は基本内有利からの予想で外れのオンパレード。
    勝ち馬は全て8枠でしたしね…
    ただこれで安易に外差しからの予想はしないつもりです。

    と言うのも金曜の雨の影響で傾向がガラリと一変した様相ですが土曜は晴れからの日曜も晴れ、ダービーの出走は15:40〜

    なので馬場も乾き始めレース時には外差し➡︎フラット〜内有利に戻ると見ています。
    そもそも過去10年外枠からの好走がないのに前日雨降って外伸びるから外の馬だ。ではデータ的観点からはナンセンス。そもそも外が不利なのは間違いないないわけで。
    なのでこれは当日のレースにも考察が必要と思っています。
    が、現時点フラットに見た上で最終結論に導きました。
    馬メモにて詳細記載します。
  • 予想
    garupin さんgarupin
    ----位
    • 18アドミラブル3着
    • 7アルアイン5着
    • 11ペルシアンナイト7着
    • 4スワーヴリチャード2着
    • ×6サトノアーサー10着

    他 11頭

    単勝回収率
    --.-%
    予想メモ
    ★エイシンフラッシュを除くと、全て単勝3番人気以内。
    ★2着は3番人気以内の馬が3頭だけ、10番人気以下の馬が3頭。
    ★3着に6~12番人気の馬が6頭。
    ★3着馬10頭中5頭は「10.0~29.9倍」。
    ★優勝馬10頭中5頭は「1枠」(10頭中8頭が「1~3枠」)。
    ★ダービー3着以内の大半は皐月賞で「4着以内」もしくは「4番人気以内」。
    ★「5着以下」かつ「5番人気以下」だった馬は1頭も3着以内なし。
    ★3~5走前に500万下クラス、またはオープン特別を勝利。
    ★前走馬体重479キロ以下でも5番人気以内ならOK(サトノアーサー?)。
    ★前走馬体重480キロ以上で、特に強いのは3番人気以内。
     (アドミラブル、、アルアイン、レイデオロ?)
     (スワーヴリチャード、ダイワキャグニー、ペルシアンナイト?)


  • 予想
    サドル さんサドル
    ----位
    • 5クリンチャー13着
    • 18アドミラブル3着
    • 1ダンビュライト6着
    • 4スワーヴリチャード2着
    • 7アルアイン5着

    他 13頭

    単勝回収率
    --.-%
    予想メモ
    今の馬場は内枠で前目で待機できる馬 外でも逃げれる馬

    先週からルメール 岩田 四位は東京馬場を読めていると判断

    皐月 京都 青葉のローテ

    特注馬
    クリンチャー 
    常に高い指数を出している 指数4位

    軸馬 
    アドミラブル 調教 指数 ポジション 血統 いずれも高いパフォーマンス

    クリンチャーの血統背景
    種牡馬は目立たないが
    牝系はハービンジャーを出しはブラックチェリー系東京の長い直線に目が
    いくが、本質は持続性の高い特にノーザンダンサーを内包する必要がある
    なお、当馬はロベルト内包なので重馬場もこなせる

    ヘイロー×スピード系ノーザンダンサーで東京で走る馬
    ストームキャット フレンチデピュティ ヌレイエフ デインヒル(ダンチヒ) など

    ◎〇は頭 ▲相手 △三連系 ×ワイド候補
  • 予想
    馬三ちゃたろ さん馬三ちゃたろ
    213位
    • 4スワーヴリチャード2着
    • 10ベストアプローチ9着
    • 7アルアイン5着
    • 18アドミラブル3着
    • 5クリンチャー13着

    他 12頭

    単勝回収率
    77.0%
    予想メモ
    アドミラブル>フルゲートでこのメンツ相手に前走のように後方から大外回して勝ち切るのは厳しいものがる、それなりにポジション取りいく必要あるためこの枠はやはりマイナス
    ベスト>青葉でアドに併せにいったところで相手がよれたためやや減速、スムーズならもう少しいい勝負できたはず、仕上げもかなり良い
    クリンチャー>この馬の出方によって展開が変わりそう。スタミナ抜群だが速い上りがないため良馬場のスローよりは体力勝負に持ち込みたいはず、とはいえ厳しいペースにしすぎても差し馬に展開ので難しいところだがこの馬なら残れる可能性はある
    レイデオロ>ポテンシャル高く東京向くが今までの乗り方では勝てるかは疑問、今回は勝ちに行く競馬をする必要があるがそうした時にどれくらい能力発揮できるか未知、券外も十分考えられる
  • 予想
    SHNSK1CH さんSHNSK1CH
    ----位
    • 7アルアイン5着
    • 12レイデオロ1着
    • 11ペルシアンナイト7着
    • 4スワーヴリチャード2着
    • 1ダンビュライト6着

    他 13頭

    単勝回収率
    --.-%
    予想メモ
    レース傾向=馬場適性

    ダンビュライト スタート決めれてる 前走調教抜群 今回あまり、、 今年4戦目
            前走パドックいい

    スワーヴリチャード

    クリンチャー 決め手ない 前走の持続勝負があってた 上積みない

    サトノアーサー 後方折り合い重視の競馬がどうか 新馬、500万どスロー
    多頭数初めて 川田の騎乗がカギすぎる

    アルアイン 左回り東京初 適正どうか 高速馬場◎

    ベストアプローチ 弥生賞 戸崎下手騎乗 セントポーリア賞 後方すぎ上がり最速L1のびた
    青葉賞も不利受けてる

    ダイワキャグニー 

    ペルシアン スタートよくない


    ウインブライト 距離延長◯ 高速馬場は向かない?
    カデナ スロー専




    レイデオロ 中山向き 外厩帰り トレセン調教軽め
  • 予想
    oaksk さんoaksk
    ----位
    • 6サトノアーサー10着
    • 7アルアイン5着
    • 11ペルシアンナイト7着
    • 1ダンビュライト6着
    • 18アドミラブル3着

    他 11頭

    単勝回収率
    --.-%
    予想メモ
    ダービーでディープ産駒が強さを見せる理由は末脚勝負で他を制するからである
    しかしキンカメ産ハービンジャー産も注意必要
    音無厩舎池江厩舎3頭出しに注目したい
    最近のレース傾向から先行して尚伸びる馬は高速馬場に於いて馬券に絡む可能性が高い
    中団から持って上がれなければ前を捉え切れず厳しい
    内枠圧倒的有利のこのレース「最も運の良い馬が勝つ」
    最内まではいけなくとも枠順抽選で内枠を引ければその時点で勝機が見える
    大外枠は逆に相当厳しい競馬になる
    天候と当日の馬場状態でどこまで自分の「運」を手繰り寄せられるか
    その点も含めて最も「運」を持つ馬が勝つだろう
    今回のダービーは多くの馬にとってジンクスを覆すダービーになるだろう
  • 予想
    ryoooooo さんryoooooo
    290位
    • 12レイデオロ1着
    • 7アルアイン5着
    • 4スワーヴリチャード2着
    • 6サトノアーサー10着
    • 13カデナ11着

    他 4頭

    単勝回収率
    69.4%
    予想メモ
    皐月賞組から素直に買いたい。
    レイデオロは前走後方から上がり2位使って0.4差5着。叩き台であったものの見せ場作った。
    ローテ的にも余裕がありダービーに向けて仕上げてきたように思う。
    鞍上ルメールも絶好調。枠も内の有力馬を見ながら走れる良い枠。
    アルアインは前走買い時だったと思うが、強い勝ち方だった。追い切りもまずまずで、余力はありそう。距離不安はあるものの外に入らなかったので十分戦えるはず。
    アドミラブルはここ3戦強い勝ち方で力があるのは認めるが大外枠。
    前走外枠だったが12頭立て。相手大幅強化の上フルゲートの18番となれば話は別。
    大外を嫌って馬券妙味はあるが他から買うべきと考えました。

競馬予想ブログの日本ダービー予想

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:日本ダービー」が含まれるブログ記事です。

日本ダービーレース動画(YouTube)

過去データ

枠番別傾向

1枠の複勝率
40.0%
  1. 1枠
    4
  2. 2枠
    4
  3. 3枠
    0
  4. 4枠
    1
  5. 5枠
    1
  6. 6枠
    2
  7. 7枠
    2
  8. 8枠
    1
3着以内の数

脚質別割合

差しの成績
3-4-3-30
3着内占有率
逃げ
6.7%
先行
13.3%
差し
66.7%
追込
13.3%

人気薄馬の騎手

  1. 2014 108.0倍
    マイネルフロスト
    • 3着
    • 2枠
    • 3番
    • 差し
    • 松岡正海
  2. 2013 61.6倍
    アポロソニック
    • 3着
    • 2枠
    • 3番
    • 逃げ
    • 勝浦正樹
  3. 2015 18.7倍
    サトノラーゼン
    • 2着
    • 1枠
    • 1番
    • 差し
    • 岩田康誠

施行コース

東京・芝2400m
東京・芝2400mのコース図
直線・コーナーデータ
  • 坂あり
  • コーナー:4回
  • 直線距離:525.9m
  • コーナーまでの距離:313m

Cコース使用

コースのポイント
  • ペース次第で差し馬でも間に合う。展開予想をしっかり。
  • 3歳戦では、距離適性より能力・スピードを重視。
  • 特注血統はディープインパクトとゼンノロブロイ。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2017/05/28 5東京12 10R 第84回 日本ダービーG1 芝2400m レイデオロ C.ルメール 藤沢和雄
2016/05/29 5東京12 10R 第83回 日本ダービーG1 芝2400m マカヒキ 川田将雅 友道康夫
2015/05/31 5東京12 10R 第82回 日本ダービーG1 芝2400m ドゥラメンテ M.デムーロ 堀宣行
2014/06/01 5東京12 10R 第81回 日本ダービーG1 芝2400m ワンアンドオンリー 横山典弘 橋口弘次郎
2013/05/26 5東京12 10R 第80回 日本ダービーG1 芝2400m キズナ 武豊 佐々木晶三
2012/05/27 5東京12 10R 第79回 日本ダービーG1 芝2400m ディープブリランテ 岩田康誠 矢作芳人
2011/05/29 5東京4 11R 第78回 日本ダービーG1 芝2400m オルフェーヴル 池添謙一 池江泰寿
2010/05/30 5東京4 10R 第77回 日本ダービーG1 芝2400m エイシンフラッシュ 内田博幸 藤原英昭
2009/05/31 5東京4 10R 第76回 日本ダービーG1 芝2400m ロジユニヴァース 横山典弘 萩原清
2008/06/01 5東京4 10R 第75回 日本ダービーG1 芝2400m ディープスカイ 四位洋文 昆貢
2007/05/27 5東京4 10R 第74回 日本ダービーG1 芝2400m ウオッカ 四位洋文 角居勝彦
2006/05/28 5東京4 10R 第73回 日本ダービーG1 芝2400m メイショウサムソン 石橋守 瀬戸口勉
2005/05/29 5東京4 10R 第72回 日本ダービーG1 芝2400m ディープインパクト 武豊 池江泰郎
2004/05/30 5東京4 10R 第71回 日本ダービーG1 芝2400m キングカメハメハ 安藤勝己 松田国英
2003/06/01 5東京4 10R 第70回 日本ダービーG1 芝2400m ネオユニヴァース M.デムーロ 瀬戸口勉
2002/05/26 5東京4 10R 第69回 日本ダービーG1 芝2400m タニノギムレット 武豊 松田国英
2001/05/27 5東京4 9R 第68回 日本ダービーG1 芝2400m ジャングルポケット 角田晃一 渡辺栄
2000/05/28 5東京4 9R 第67回 日本ダービーG1 芝2400m アグネスフライト 河内洋 長浜博之
1999/06/06 5東京6 9R 第66回 日本ダービーG1 芝2400m アドマイヤベガ 武豊 橋田満
1998/06/07 5東京6 9R 第65回 日本ダービーG1 芝2400m スペシャルウィーク 武豊 白井寿昭
1997/06/01 5東京6 9R 第64回 日本ダービーG1 芝2400m サニーブライアン 大西直宏 中尾銑治
1996/06/02 5東京6 9R 第63回 日本ダービーG1 芝2400m フサイチコンコルド 藤田伸二 小林稔
1995/05/28 5東京4 9R 第62回 日本ダービーG1 芝2400m タヤスツヨシ 小島貞博 鶴留明雄
1994/05/29 5東京4 9R 第61回 日本ダービーG1 芝2400m ナリタブライアン 南井克巳 大久保正陽
1993/05/30 5東京4 9R 第60回 日本ダービーG1 芝2400m ウイニングチケット 柴田政人 伊藤雄二
1992/05/31 5東京4 9R 第59回 日本ダービーG1 芝2400m ミホノブルボン 小島貞博 戸山為夫
1991/05/26 5東京4 9R 第58回 日本ダービーG1 芝2400m トウカイテイオー 安田隆行 松元省一
1990/05/27 5東京4 9R 第57回 日本ダービーG1 芝2400m アイネスフウジン 中野栄治 加藤修甫
1989/05/28 5東京4 9R 第56回 日本ダービーG1 芝2400m ウィナーズサークル 郷原洋行 松山康久
1988/05/29 5東京4 10R 第55回 日本ダービーG1 芝2400m サクラチヨノオー 小島太 境勝太郎
1987/05/31 5東京4 10R 第54回 日本ダービーG1 芝2400m メリーナイス 根本康広 橋本輝雄
1986/05/25 5東京4 10R 第53回 日本ダービーG1 芝2400m ダイナガリバー 増沢末夫 松山吉三郎

関連するレースや競走馬

牡馬クラシック三冠
中央競馬において、3歳限定G1レースの皐月賞、ダービー、菊花賞のこと。3競走をすべて優勝した馬を三冠馬と呼ぶ。これまでに、オルフェーヴル(2011年)、ディープインパクト(2005年)、ナリタブライアン(1994年)、シンボリルドルフ(1984年)、ミスターシービー(1983年)、シンザン(1964年)、セントライト(1941年)が3冠を達成している。
青葉賞
日本ダービー(東京優駿)と同じ条件である東京芝2400mで開催されるレース。日本ダービーのトライアルレースに指定されており、2着以内の馬に優先出走権が与えられる。本番と同じ条件でのレースながら、これまで、青葉賞をステップに日本ダービーを優勝した出ていない。
武豊
2014年までに、キズナ(2013年)、ディープインパクト(2005年)、タニノギムレット(2002年)、アドマイヤベガ(1999年)、スペシャルウィーク(1998年)で日本ダービーを5勝しているジョッキー。他に、日本ダービーを複数回優勝している騎手では、横山典弘ワンアンドオンリーロジユニヴァース)、四位洋文(ディープスカイ・ウオッカ)がいる。
プリンシパルステークス
東京競馬場芝2000mで開催されるレースで、ダービートライアルに指定されている。

Wikipedia(日本ダービー)

東京優駿(とうきょうゆうしゅん)は、日本の日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝2400メートルで施行する競馬の重賞競走(GI)である。

正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主協会連合会会長・東京馬主協会賞、優勝騎手には朝日新聞社より優勝旗が与えられる。

一般的には日本ダー ビーと呼ばれ、現在の日本の競馬においてその代名詞とも言える競走である。

JRAが配布するレーシングプログラムなどでは、1950年以降 「東京優駿(第○回日本ダービー)」または「東京優駿(日本ダービー)」と表記される。

1929年以前に東京競馬倶楽部会長の安田伊左衛門が競走馬生産者達から「イギリスのクラシック競走であるダービーステークスのような高額賞金の大競走を設けて馬産の奨励をしてほしい」と言う意見を厳粛に受け止め、馬産の衰退を食い止める手段として、イギリスのエプソム競馬場のダービーステークスを範した。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

Googleニュース