第153回天皇賞(春)(2016年5月1日)の予想

KLANユーザーの2016年天皇賞(春)予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
26.9 3.7 115.3 9.1 42.6 196.6 143.9 23.2 11.4 19.0 5.1 120.8 31.0 9.3 105.9 81.7 25.7 4.7 単勝オッズ
10 12 14 15 11 16 17 4 6 5 3 7 9 8 18 2 13 1 着順
× × × × katopee さん katopee 197.2%
× × × × × TTT さん TTT 170.0%
× × 斉藤将臣 さん 斉藤将臣 151.8%
爆音小僧☆彡 さん 爆音小僧☆彡 136.5%
タコス さん タコス 136.4%

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

キタサンブラック
15人
馬名 投票数
キタサンブラック
15人
シュヴァルグラン
5人
ゴールドアクター
3人
サウンズオブアース
3人
フェイムゲーム
2人
回収率100%超えのユーザーはキタサンブラックを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、キタサンブラックを2016年天皇賞(春)の軸馬として支持。33人中15人が本命馬と予想しています。

また、全体では1,784人が天皇賞(春)を予想し、610人のユーザーがキタサンブラックを軸馬と予想しています。これは34.2%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝2.3倍となります。

競馬予想ブログ(天皇賞(春)の予想・分析)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2016年」「レース名:天皇賞(春)」が含まれるブログ記事です。

第153回天皇賞(春)(2016年5月1日)のレース結果

レース結果

着順 馬名 騎手 着差 人気
1 1 キタサンブラック 武豊 3.15.3
2 3 カレンミロティック 池添謙一 ハナ
3 8 シュヴァルグラン 福永祐一 11/4
ラップタイム
  • 13.0
  • 12.1
  • 12.4
  • 12.2
  • 12.1
  • 12.0
  • 11.6
  • 12.9
  • 12.6
  • 12.6
  • 12.7
  • 12.5
  • 11.6
  • 11.4
  • 11.7
  • 11.9
通過
  • 37.5
  • 49.7
  • 61.8
上がり
  • 46.6
  • 35.0

払い戻し

単勝
1
450円
複勝
1
170円
3
1,390円
8
240円
ワイド
1-3
3,770円
1-8
540円
3-8
7,840円
枠連
1-2
6,650円
馬連
1-3
20,160円
馬単
1-3
29,950円
3連複
1-3-8
32,350円
3連単
1-3-8
242,730円

競馬予想ブログ(天皇賞(春)の回顧)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2016年」「レース名:天皇賞(春)」「キーワード:回顧」が含まれるブログ記事です。

天皇賞(春)レース動画(YouTube)

2016年天皇賞(春)

過去データ

枠番別傾向

1枠の複勝率
50.0%
  1. 1枠
    5
  2. 2枠
    1
  3. 3枠
    2
  4. 4枠
    2
  5. 5枠
    0
  6. 6枠
    2
  7. 7枠
    2
  8. 8枠
    1
3着以内の数

脚質別割合

先行の成績
2-2-2-13
3着内占有率
逃げ
13.3%
先行
40.0%
差し
46.7%
追込
0.0%

人気薄馬の騎手

  1. 2012 159.6倍
    ビートブラック
    • 1着
    • 1枠
    • 1番
    • 逃げ
    • 石橋脩
  2. 2014 101.5倍
    ホッコーブレーヴ
    • 3着
    • 3枠
    • 6番
    • 差し
    • 田辺裕信
  3. 2016 99.2倍
    カレンミロティック
    • 2着
    • 2枠
    • 3番
    • 先行
    • 池添謙一

施行コース

京都・芝3200m(外)
京都・芝3200m(外)のコース図
直線・コーナーデータ
  • 平坦
  • コーナー:6回
  • 直線距離:399m
  • コーナーまでの距離:360.7m

Cコース使用

コースのポイント
  • 2周目坂上からの4F勝負が基本フォルム。能力通りに決まりやすい。
  • 逃げ切るには、人気薄で完全にノーマークになる必要があり。
  • 1周目ホームストレッチで歓声が上がり掛かる馬も。折り合り重要。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2016/05/01 8京都4 11R 第153回 天皇賞(春)G1 芝3200m キタサンブラック 武豊 清水久詞
2015/05/03 8京都4 11R 第151回 天皇賞(春)G1 芝3200m ゴールドシップ 横山典弘 須貝尚介
2014/05/04 8京都4 11R 第149回 天皇賞(春)G1 芝3200m フェノーメノ 蛯名正義 戸田博文
2013/04/28 8京都4 11R 第147回 天皇賞(春)G1 芝3200m フェノーメノ 蛯名正義 戸田博文
2012/04/29 8京都4 11R 第145回 天皇賞(春)G1 芝3200m ビートブラック 石橋脩 中村均
2011/05/01 8京都4 11R 第143回 天皇賞(春)G1 芝3200m ヒルノダムール 藤田伸二 昆貢
2010/05/02 8京都4 10R 第141回 天皇賞(春)G1 芝3200m ジャガーメイル C.ウィリアムズ 堀宣行
2009/05/03 8京都4 10R 第139回 天皇賞(春)G1 芝3200m マイネルキッツ 松岡正海 国枝栄
2008/05/04 8京都4 11R 第137回 天皇賞(春)G1 芝3200m アドマイヤジュピタ 岩田康誠 友道康夫
2007/04/29 8京都4 11R 第135回 天皇賞(春)G1 芝3200m メイショウサムソン 石橋守 高橋成忠
2006/04/30 8京都4 11R 第133回 天皇賞(春)G1 芝3200m ディープインパクト 武豊 池江泰郎
2005/05/01 8京都4 11R 第131回 天皇賞(春)G1 芝3200m スズカマンボ 安藤勝己 橋田満
2004/05/02 8京都4 11R 第129回 天皇賞(春)G1 芝3200m イングランディーレ 横山典弘 清水美波
2003/05/04 8京都4 11R 第127回 天皇賞(春)G1 芝3200m ヒシミラクル 角田晃一 佐山優
2002/04/28 8京都4 11R 第125回 天皇賞(春)G1 芝3200m マンハッタンカフェ 蛯名正義 小島太
2001/04/29 8京都4 11R 第123回 天皇賞(春)G1 芝3200m テイエムオペラオー 和田竜二 岩元市三
2000/04/30 8京都4 11R 第121回 天皇賞(春)G1 芝3200m テイエムオペラオー 和田竜二 岩元市三
1999/05/02 8京都4 11R 第119回 天皇賞(春)G1 芝3200m スペシャルウィーク 武豊 白井寿昭
1998/05/03 8京都4 11R 第117回 天皇賞(春)G1 芝3200m メジロブライト 河内洋 浅見秀一
1997/04/27 8京都4 10R 第115回 天皇賞(春)G1 芝3200m マヤノトップガン 田原成貴 坂口正大
1996/04/21 8京都2 10R 第113回 天皇賞(春)G1 芝3200m サクラローレル 横山典弘 境勝太郎
1995/04/23 8京都2 10R 第111回 天皇賞(春)G1 芝3200m ライスシャワー 的場均 飯塚好次
1994/04/24 9阪神2 10R 第109回 天皇賞(春)G1 芝3200m ビワハヤヒデ 岡部幸雄 浜田光正
1993/04/25 8京都2 10R 第107回 天皇賞(春)G1 芝3200m ライスシャワー 的場均 飯塚好次
1992/04/26 8京都2 10R 第105回 天皇賞(春)G1 芝3200m メジロマックイーン 武豊 池江泰郎
1991/04/28 8京都4 10R 第103回 天皇賞(春)G1 芝3200m メジロマックイーン 武豊 池江泰郎
1990/04/29 8京都4 10R 第101回 天皇賞(春)G1 芝3200m スーパークリーク 武豊 伊藤修司
1989/04/29 8京都3 10R 第99回 天皇賞(春)G1 芝3200m イナリワン 武豊 鈴木清
1988/04/29 8京都3 10R 第97回 天皇賞(春)G1 芝3200m タマモクロス 南井克巳 小原伊佐美
1987/04/29 8京都2 10R 第95回 天皇賞(春)G1 芝3200m ミホシンザン 柴田政人 田中朋次郎
1986/04/29 8京都4 10R 第93回 天皇賞(春)G1 芝3200m クシロキング 岡部幸雄 中野隆良

関連するレースや競走馬

ディープインパクト
2006年に天皇賞(春)を優勝。2着のリンカーンに3馬身半をつける圧巻の内容で、勝ちタイムの3分13秒4は天皇賞レコードとなっている(2015年3月7日時点)。
武豊
2014年までに天皇賞(春)を6勝し、「平成の盾男」と呼ばれている。1991年、1992年にはメジロマックイーンで連覇を達成している。
春秋連覇
天皇賞(春)と天皇賞(秋)を連覇した馬は、これまでに4頭がいる。タマモクロス(1988年)、スペシャルウィーク(1999年)、テイエムオペラオー(2000年)、メイショウサムソン(2007年)。春と秋で1200mの距離差があること、ジャパンカップ有馬記念に関連するローテーションの変化、天皇賞(秋)のスピード化などにより、年々、連覇することが難しくなっている。

Wikipedia

天皇賞(春)(てんのうしょうはる)とは、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝3200メートルで施行する中央競馬の重賞競走(グレード制 GI)である。

正賞は天皇賞、日本馬主協会連合会会長賞。

第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「The Emperor's Cup(エンペラーズカップ)」まで遡ると1905年(明治38年)に起源をもち、日本で施行される競馬の競走では最高の格付けとなるGIの中でも、長い歴史と伝統を持つ競走である。

現在は賞金のほか、優勝賞品として皇室から楯が下賜されており、天皇賞を“盾”と通称することもある。

施行距離は1939年(昭和14年)以来3200メートルで変わっておらず、現存する中央競馬の平地GI競走では最長距離。

正式名称は「天皇賞」であるが、JRAでは天皇賞(秋)の距離が短縮された1984年(昭和59年)から「天皇賞(春)」と表記している。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

ニュース

天皇賞(春)に関するニュースは取得できませんでした。