第61回大阪杯(2017年4月2日)の予想

KLANユーザーの2017年大阪杯予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
        3.9 10.6 12.0 24.7 142.7 154.7 71.3 4.4 52.6 2.6 18.2 153.9 197.8 13.9 単勝オッズ
4 3 5 12 8 10 14 6 13 1 2 11 9 7 着順
× × × ID:58378 さん ID:58378 346.9%
rikuw さん rikuw 220.7%
ヒロサイモン さん ヒロサイモン 216.3%
× × × × 勉強中 さん 勉強中 197.3%
zabil さん zabil 183.7%

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

キタサンブラック
21人
馬名 投票数
キタサンブラック
21人
ミッキーロケット
9人
ヤマカツエース
9人
ステファノス
7人
アンビシャス
6人
回収率100%超えのユーザーはキタサンブラックを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、キタサンブラックを2017年大阪杯の軸馬として支持。67人中21人が本命馬と予想しています。

また、全体では2,211人が大阪杯を予想し、997人のユーザーがキタサンブラックを軸馬と予想しています。これは45.1%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝1.8倍となります。

競馬予想ブログ(大阪杯の予想・分析)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:大阪杯」が含まれるブログ記事です。

第61回大阪杯(2017年4月2日)のレース結果

レース結果

着順 馬名 騎手 着差 人気
1 5 キタサンブラック 武豊 1.58.9
2 4 ステファノス 川田将雅 3/4
3 13 ヤマカツエース 池添謙一 1/2
ラップタイム
  • 12.3
  • 11.1
  • 12.1
  • 12.1
  • 12.0
  • 12.2
  • 11.8
  • 11.7
  • 11.6
  • 12.0
通過
  • 35.5
  • 47.6
  • 59.6
上がり
  • 47.1
  • 35.3

払い戻し

単勝
5
240円
複勝
5
110円
4
280円
13
280円
ワイド
4-5
540円
5-13
480円
4-13
1,800円
枠連
3-4
2,130円
馬連
4-5
2,320円
馬単
5-4
3,390円
3連複
4-5-13
4,830円
3連単
5-4-13
23,910円

競馬予想ブログ(大阪杯の回顧)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:大阪杯」「キーワード:回顧」が含まれるブログ記事です。

大阪杯レース動画(YouTube)

2017年大阪杯

過去データ

枠番別傾向

3枠の複勝率
62.5%
  1. 1枠
    0
  2. 2枠
    0
  3. 3枠
    5
  4. 4枠
    3
  5. 5枠
    2
  6. 6枠
    1
  7. 7枠
    3
  8. 8枠
    1
3着以内の数

脚質別割合

先行の成績
2-2-3-12
3着内占有率
逃げ
6.7%
先行
46.7%
差し
20.0%
追込
26.7%

人気薄馬の騎手

  1. 2014 76.3倍
    トウカイパラダイス
    • 2着
    • 3枠
    • 3番
    • 先行
    • 柴山雄一
  2. 2017 17.7倍
    ステファノス
    • 2着
    • 3枠
    • 4番
    • 先行
    • 川田将雅
  3. 2015 15.0倍
    エアソミュール
    • 3着
    • 3枠
    • 4番
    • 先行
    • M.デムーロ

施行コース

阪神・芝2000m(内)
阪神・芝2000m(内)のコース図
直線・コーナーデータ
  • 急坂
  • コーナー:4回
  • 直線距離:359.1m
  • コーナーまでの距離:314.4m

Bコース使用

コースのポイント
  • スタート後は流れるが、急坂をきっかけにペースが落ち着きやすい。
  • 3~4コーナー中間でペースが上がり、後半3ハロン勝負になる。
  • 必要なのは瞬発力よりパワー。平坦巧者では急坂で止まるので注意。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2017/04/02 9阪神4 11R 第61回 大阪杯G1 芝2000m キタサンブラック 武豊 清水久詞
2016/04/03 9阪神4 11R 第60回 大阪杯G2 芝2000m アンビシャス 横山典弘 音無秀孝
2015/04/05 9阪神4 11R 第59回 大阪杯G2 芝2000m ラキシス C.ルメール 角居勝彦
2014/04/06 9阪神4 11R 第58回 大阪杯G2 芝2000m キズナ 武豊 佐々木晶三
2013/03/31 9阪神4 11R 第57回 大阪杯G2 芝2000m オルフェーヴル 池添謙一 池江泰寿
2012/04/01 9阪神4 11R 第56回 大阪杯G2 芝2000m ショウナンマイティ 浜中俊 梅田智之
2011/04/03 9阪神4 11R 第55回 大阪杯G2 芝2000m ヒルノダムール 藤田伸二 昆貢
2010/04/04 9阪神4 10R 第54回 大阪杯G2 芝2000m テイエムアンコール 浜中俊 柴田政見
2009/04/05 9阪神4 10R 第53回 大阪杯G2 芝2000m ドリームジャーニー 池添謙一 池江泰寿
2008/04/06 9阪神4 11R 第52回 大阪杯G2 芝2000m ダイワスカーレット 安藤勝己 松田国英
2007/04/01 9阪神4 11R 第51回 大阪杯G2 芝2000m メイショウサムソン 石橋守 高橋成忠
2006/04/02 9阪神4 11R 第50回 大阪杯G2 芝2000m カンパニー 福永祐一 音無秀孝
2005/04/03 9阪神4 11R 第49回 大阪杯G2 芝2000m サンライズペガサス 幸英明 石坂正
2004/04/04 9阪神4 11R 第48回 大阪杯G2 芝2000m ネオユニヴァース M.デムーロ 瀬戸口勉
2003/04/06 9阪神4 11R 第47回 大阪杯G2 芝2000m タガノマイバッハ 安藤勝己 松田博資
2002/03/31 9阪神4 11R 第46回 大阪杯G2 芝2000m サンライズペガサス 安藤勝己 石坂正
2001/04/01 9阪神4 11R 第45回 大阪杯G2 芝2000m トーホウドリーム 安藤勝己 田島良保
2000/04/02 9阪神4 11R 第44回 大阪杯G2 芝2000m メイショウオウドウ 飯田祐史 飯田明弘
1999/04/04 9阪神4 11R 第43回 大阪杯G2 芝2000m サイレントハンター 吉田豊 大久保洋吉
1998/04/05 9阪神4 11R 第42回 大阪杯G2 芝2000m エアグルーヴ 武豊 伊藤雄二
1997/03/30 9阪神4 11R 第41回 大阪杯G2 芝2000m マーベラスサンデー 武豊 大沢真
1996/03/31 9阪神4 11R 第40回 大阪杯G2 芝2000m タイキブリザード 岡部幸雄 藤沢和雄
1995/04/02 8京都4 11R 第39回 大阪杯G2 芝2000m インターマイウェイ 松永幹夫 中村均
1994/04/03 9阪神4 11R 第38回 大阪杯G2 芝2000m ネーハイシーザー 塩村克己 布施正
1993/04/04 9阪神4 11R 第37回 大阪杯G2 芝2000m メジロマックイーン 武豊 池江泰郎
1992/04/05 9阪神4 11R 第36回 大阪杯G2 芝2000m トウカイテイオー 岡部幸雄 松元省一
1991/03/31 8京都4 11R 第35回 大阪杯G2 芝2000m ホワイトストーン 田面木博公 高松邦男
1990/04/01 9阪神4 11R 第34回 大阪杯G2 芝2000m スーパークリーク 武豊 伊藤修司
1989/04/02 9阪神4 11R 第33回 大阪杯G2 芝2000m ヤエノムテキ 西浦勝一 荻野光男
1988/04/03 9阪神4 11R 第32回 大阪杯G2 芝2000m フレッシュボイス 武豊 境直行
1987/04/05 9阪神4 11R 第31回 大阪杯G2 芝2000m ニシノライデン 田原成貴 伊藤修司
1986/03/30 9阪神4 11R 第30回 大阪杯G2 芝2000m サクラユタカオー 小島太 境勝太郎

Wikipedia

大阪杯(おおさかはい)は、日本の日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝2000メートルで施行する中央競馬の重賞(GII)競走である。

正式名称は産経大阪杯。

正賞は産経新聞社賞で、産経新聞社が優勝杯を提供している。

本競走は1956年に施行された阪神特別を前身とし、1957年に5歳(現4歳)以上の混合のハンデキャップの重賞競走、大阪杯として創設、第1回は現在とは違い阪神競馬場の芝1800mで施行され、天皇賞(春)及び1960年からは宝塚記念へと繋がる競走として位置付けされた。

1964年からは産経新聞社から優勝杯を提供されたのを機に、サンケイ大 阪杯に名称を変更、1965年のみ施行距離を芝1850m、1966年からは芝1900mに変更、1972年からは現在の芝2000mに変更し、1973年からは負担重量を別定に変更した。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

ニュース