第51回京都大賞典(2016年10月10日)の予想

KLANユーザーの2016年京都大賞典予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
                5.6 46.2 3.3 130.8 11.7 60.2 13.3 16.6 79.1 2.0 単勝オッズ
3 5 4 6 8 10 7 2 9 1 着順
ミラクルタテヤマ さん ミラクルタテヤマ 225.4%
える さん える 196.3%
チャクロウ さん チャクロウ 158.7%
魂の馬券師(金欠) さん 魂の馬券師(金欠) 150.1%
fluke さん fluke 145.5%

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

キタサンブラック
16人
馬名 投票数
キタサンブラック
16人
サウンズオブアース
8人
アドマイヤデウス
2人
ヤマカツライデン
2人
ラストインパクト
2人
回収率100%超えのユーザーはキタサンブラックを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、キタサンブラックを2016年京都大賞典の軸馬として支持。32人中16人が本命馬と予想しています。

また、全体では1,328人が京都大賞典を予想し、775人のユーザーがキタサンブラックを軸馬と予想しています。これは58.4%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝1.4倍となります。

競馬予想ブログ(京都大賞典の予想・分析)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2016年」「レース名:京都大賞典」が含まれるブログ記事です。

第51回京都大賞典(2016年10月10日)のレース結果

レース結果

着順 馬名 騎手 着差 人気
1 1 キタサンブラック 武豊 2.25.5
2 3 アドマイヤデウス 岩田康誠 クビ
3 10 ラブリーデイ ルメール 3/4
ラップタイム
  • 12.7
  • 11.5
  • 12.0
  • 13.0
  • 12.8
  • 12.2
  • 12.7
  • 13.0
  • 11.9
  • 11.1
  • 11.1
  • 11.5
通過
  • 36.2
  • 49.2
  • 62.0
上がり
  • 45.6
  • 33.7

払い戻し

単勝
1
180円
複勝
1
110円
3
230円
10
140円
ワイド
1-3
400円
1-10
190円
3-10
820円
枠連
1-3
1,260円
馬連
1-3
1,420円
馬単
1-3
1,970円
3連複
1-3-10
1,520円
3連単
1-3-10
7,400円

競馬予想ブログ(京都大賞典の回顧)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2016年」「レース名:京都大賞典」「キーワード:回顧」が含まれるブログ記事です。

京都大賞典レース動画(YouTube)

2016年京都大賞典

過去データ

枠番別傾向

1枠の複勝率
60.0%
  1. 1枠
    3
  2. 2枠
    2
  3. 3枠
    1
  4. 4枠
    1
  5. 5枠
    0
  6. 6枠
    2
  7. 7枠
    3
  8. 8枠
    3
3着以内の数

脚質別割合

先行の成績
2-3-3-9
3着内占有率
逃げ
0.0%
先行
53.3%
差し
33.3%
追込
13.3%

人気薄馬の騎手

  1. 2013 166.2倍
    ヒットザターゲット
    • 1着
    • 2枠
    • 2番
    • 差し
    • 北村友一
  2. 2013 50.1倍
    アンコイルド
    • 2着
    • 1枠
    • 1番
    • 追込
    • 吉田隼人
  3. 2012 24.1倍
    オウケンブルースリ
    • 2着
    • 6枠
    • 9番
    • 先行
    • 浜中俊

施行コース

京都・芝2400m(外)
京都・芝2400m(外)のコース図
直線・コーナーデータ
  • 平坦
  • コーナー:4回
  • 直線距離:404m
  • コーナーまでの距離:597.3m

Aコース使用

コースのポイント
  • コーナーまでの距離が十分にあるので、枠順にこだわる必要なし。
  • 展開、馬場次第で前残りあり、差し・追い込み決着ありと難解コース。
  • 特注血統はハーツクライ、ディープインパクト。ともに複勝率50%超。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2016/10/10 8京都3 11R 第51回 京都大賞典G2 芝2400m キタサンブラック 武豊 清水久詞
2015/10/12 8京都3 11R 第50回 京都大賞典G2 芝2400m ラブリーデイ 川田将雅 池江泰寿
2014/10/14 8京都3 11R 第49回 京都大賞典G2 芝2400m ラストインパクト 川田将雅 松田博資
2013/10/06 8京都2 11R 第48回 京都大賞典G2 芝2400m ヒットザターゲット 北村友一 加藤敬二
2012/10/08 8京都3 11R 第47回 京都大賞典G2 芝2400m メイショウカンパク 池添謙一 荒川義之
2011/10/09 8京都2 11R 第46回 京都大賞典G2 芝2400m ローズキングダム 後藤浩輝 橋口弘次郎
2010/10/10 8京都2 11R 第45回 京都大賞典G2 芝2400m メイショウベルーガ 池添謙一 池添兼雄
2009/10/11 8京都2 11R 第44回 京都大賞典G2 芝2400m オウケンブルースリ 内田博幸 音無秀孝
2008/10/12 8京都2 11R 第43回 京都大賞典G2 芝2400m トーホウアラン 鮫島良太 藤原英昭
2007/10/07 8京都2 11R 第42回 京都大賞典G2 芝2400m インティライミ 佐藤哲三 佐々木晶三
2006/10/08 8京都2 11R 第41回 京都大賞典G2 芝2400m スイープトウショウ 池添謙一 鶴留明雄
2005/10/09 8京都2 11R 第40回 京都大賞典G2 芝2400m リンカーン 武豊 音無秀孝
2004/10/10 8京都2 11R 第39回 京都大賞典G2 芝2400m ナリタセンチュリー 田島裕和 藤沢則雄
2003/10/12 8京都2 11R 第38回 京都大賞典G2 芝2400m タップダンスシチー 佐藤哲三 佐々木晶三
2002/10/06 8京都2 11R 第37回 京都大賞典G2 芝2400m ナリタトップロード 四位洋文 沖芳夫
2001/10/07 8京都2 11R 第36回 京都大賞典G2 芝2400m テイエムオペラオー 和田竜二 岩元市三
2000/10/08 8京都2 11R 第35回 京都大賞典G2 芝2400m テイエムオペラオー 和田竜二 岩元市三
1999/10/10 8京都2 11R 第34回 京都大賞典G2 芝2400m ツルマルツヨシ 藤田伸二 二分久男
1998/10/11 8京都2 11R 第33回 京都大賞典G2 芝2400m セイウンスカイ 横山典弘 保田一隆
1997/10/05 8京都2 11R 第32回 京都大賞典G2 芝2400m シルクジャスティス 藤田伸二 大久保正陽
1996/10/06 8京都2 11R 第31回 京都大賞典G2 芝2400m マーベラスサンデー 武豊 大沢真
1995/10/08 8京都2 11R 第30回 京都大賞典G2 芝2400m ヒシアマゾン 中舘英二 中野隆良
1994/10/09 9阪神2 11R 第29回 京都大賞典G2 芝2500m マーベラスクラウン 南井克巳 大沢真
1993/10/10 8京都2 11R 第28回 京都大賞典G2 芝2400m メジロマックイーン 武豊 池江泰郎
1992/10/11 8京都2 11R 第27回 京都大賞典G2 芝2400m オースミロッチ 松本達也 中尾正
1991/10/06 8京都2 11R 第26回 京都大賞典G2 芝2400m メジロマックイーン 武豊 池江泰郎
1990/10/07 8京都2 11R 第25回 京都大賞典G2 芝2400m スーパークリーク 武豊 伊藤修司
1989/10/08 8京都2 11R 第24回 京都大賞典G2 芝2400m スーパークリーク 武豊 伊藤修司
1988/10/09 8京都2 11R 第23回 京都大賞典G2 芝2400m メイショウエイカン 松永幹夫 高橋成忠
1987/10/11 8京都2 11R 第22回 京都大賞典G2 芝2400m トウカイローマン 武豊 中村均
1986/10/05 8京都2 11R 第21回 京都大賞典G2 芝2400m スズカコバン 河内洋 小林稔

Wikipedia

京都大賞典(きょうとだいしょうてん)は、日本中央競馬会 日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場の芝2400メートルで施行する中央競馬の重賞(グレード制 GII)競走である。

1966年にハリウッドターフクラブ賞として創設。

第1回は3200メートルで開催されたが、翌1967年からは2400メートルに距離が短縮された。

京都競馬場の改修工事などの理由による他場での開催時をのぞき同一場・距離で施行され続けられている。

1974年より現競走名に改称。

1984年からはグレード制導入によりGII(グレードツー)に格付け。

2003年からは国際競走となるとともに国際GIIに格付けされた。

同一週に開催される毎日王冠とともに、天皇賞(秋)への関西地区における前哨戦として位置付けられている。

また、地方競馬所属馬の天皇賞(秋)およびエリザベス女王杯へのステップ競走に指定されており、1着および2着となった場合に当該競走への出走権が与えられる。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

ニュース