第49回ダービー卿チャレンジトロフィー(2017年4月1日)の予想

KLANユーザーの2017年ダービー卿チャレンジトロフィー予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
***.* 40.5 11.1 13.5 ***.* 60.8 ***.* 121.6 ***.* ***.* ***.* 60.8 1.2 24.3 60.8 121.6 11.1 30.4 予想オッズ
× モグリ@競馬4年目 さん モグリ@競馬4年目 130.3%
競馬おじさん(34) さん 競馬おじさん(34) 120.9%
ガマガエル さん ガマガエル 119.2%
アナウーマ さん アナウーマ 119.0%
負け犬ぱぱ さん 負け犬ぱぱ 116.7%

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

グレーターロンドン
3人
馬名 投票数
グレーターロンドン
3人
ガリバルディ
1人
マイネルアウラート
1人
マルターズアポジー
1人
回収率100%超えのユーザーはグレーターロンドンを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、グレーターロンドンを2017年ダービー卿チャレンジトロフィーの軸馬として支持。6人中3人が本命馬と予想しています。

また、全体では152人がダービー卿チャレンジトロフィーを予想し、101人のユーザーがグレーターロンドンを軸馬と予想しています。これは66.4%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝1.2倍となります。

競馬予想ブログ(ダービー卿チャレンジトロフィーの予想・分析)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:ダービー卿チャレンジトロフィー」が含まれるブログ記事です。

ダービー卿チャレンジトロフィーレース動画(YouTube)

2016年ダービー卿チャレンジトロフィー

過去データ

枠番別傾向

5枠の複勝率
70.0%
  1. 1枠
    1
  2. 2枠
    1
  3. 3枠
    2
  4. 4枠
    1
  5. 5枠
    7
  6. 6枠
    0
  7. 7枠
    2
  8. 8枠
    1
3着以内の数

脚質別割合

差しの成績
2-1-3-21
3着内占有率
逃げ
13.3%
先行
13.3%
差し
40.0%
追込
33.3%

人気薄馬の騎手

  1. 2014 24.5倍
    カオスモス
    • 2着
    • 8枠
    • 16番
    • 先行
    • 内田博幸
  2. 2015 24.4倍
    インパルスヒーロー
    • 3着
    • 2枠
    • 4番
    • 追込
    • 田中勝春
  3. 2014 22.1倍
    インプロヴァイズ
    • 3着
    • 5枠
    • 9番
    • 差し
    • 津村明秀

施行コース

中山・芝1600m(外)
中山・芝1600m(外)のコース図
直線・コーナーデータ
  • 急坂
  • コーナー:3回
  • 直線距離:310m
  • コーナーまでの距離:239.8m
コースのポイント
  • 内枠を活かして先行し、脚を溜められる馬をピックアップ。
  • 2コーナーまでの短さ、外回りで大きなカーブが外枠不利の要因。
  • 横山典・ダイワメジャーの名前を見つけたら無条件で押さえたい。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2017/04/01 6中山3 11R 第49回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m
2016/04/03 6中山4 11R 第48回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m マジックタイム A.シュタルケ 中川公成
2015/04/05 6中山4 11R 第47回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m モーリス 戸崎圭太 堀宣行
2014/04/06 6中山4 11R 第46回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m カレンブラックヒル 秋山真一郎 平田修
2013/03/31 6中山4 11R 第45回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m トウケイヘイロー 松岡正海 清水久詞
2012/04/01 6中山4 11R 第44回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m ガルボ 石橋脩 清水英克
2011/04/03 9阪神4 12R 第43回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m ブリッツェン 柴田善臣 二ノ宮敬宇
2010/04/04 6中山4 11R 第42回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m ショウワモダン 後藤浩輝 杉浦宏昭
2009/04/05 6中山4 11R 第41回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m タケミカヅチ 柴田善臣 大江原哲
2008/04/06 6中山4 11R 第40回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m サイレントプライド 横山典弘 国枝栄
2007/04/01 6中山4 11R 第39回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m ピカレスクコート 秋山真一郎 池江泰寿
2006/04/02 6中山4 11R 第38回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m グレイトジャーニー 佐藤哲三 池江泰郎
2005/04/03 6中山4 11R 第37回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m ダイワメジャー 柴田善臣 上原博之
2004/04/04 6中山4 11R 第36回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m マイネルモルゲン 後藤浩輝 堀井雅広
2003/04/06 6中山4 11R 第35回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m ダンツジャッジ 和田竜二 山内研二
2002/03/31 6中山4 11R 第34回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m グラスワールド 藤田伸二 鈴木勝美
2001/04/01 6中山4 11R 第33回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m チェックメイト 藤田伸二 山内研二
2000/04/02 6中山4 11R 第32回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m フサイチエアデール 武豊 松田国英
1999/04/10 6中山5 11R 第31回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m ケイワンバイキング 横山賀一 奥平真治
1998/04/11 6中山5 11R 第30回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m ブラックホーク 岡部幸雄 国枝栄
1997/04/05 6中山5 11R 第29回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m ロイヤルスズカ 南井克巳 橋田満
1996/04/06 6中山5 11R 第28回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m フジノマッケンオー 岡部幸雄 中村好夫
1995/04/02 6中山4 11R 第27回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1200m オギティファニー 坂本勝美 富田六郎
1994/04/03 6中山4 11R 第26回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1200m サクラバクシンオー 小島太 境勝太郎
1993/04/04 6中山4 11R 第25回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1200m トモエリージェント 根本康広 増沢末夫
1992/04/05 6中山4 10R 第24回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1200m トモエリージェント 根本康広 橋本輝雄
1991/03/17 6中山8 11R 第23回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1200m ナイスパーワー 江田照男 尾形盛次
1990/03/18 6中山8 11R 第22回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1200m ヤマノタンポポ 柴田善臣 中村好夫
1989/12/03 6中山2 11R 第21回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m アイビートウコウ 郷原洋行 嶋田功
1988/12/04 6中山2 11R 第20回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m ウインドストース 加藤和宏 二本柳俊夫
1987/12/11 6中山2 11R 第19回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m ウインドストース 加藤和宏 二本柳俊夫
1986/11/30 6中山2 11R 第18回 ダービー卿チャレンジトロフィーG3 芝1600m スズパレード 蛯沢誠治 富田六郎

Wikipedia

ダービー卿チャレンジトロフィー(だーびーきょうちゃれんじとろふぃー)は、日本の日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝1600メートルで施行する中央競馬の重賞(GIII)競走である。

競走名は1969年に優勝杯を寄贈した第18代ダービー伯爵 ダービー卿(エドワード・ジョン・スタンリー)から。

競馬ファンや関係者からは「ダービー卿CT」と簡略される事が多い。

1969年に行われた英国騎手招待の開催に伴い、第17代ダービー卿(エドワード・ジョン・スタンリー)から優勝杯を寄贈された事を記念して、4歳(現3歳)以上の混合の別定の重賞競走、ダービー卿チャレンジトロフィーとして創設、第1回は現在とは違い11月末に東京競馬場の芝1800mで施行され、1980年までクモハタ記念の前哨戦及び有馬記念へと繋がる競走として施行された。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

ニュース