第61回阪急杯のレース結果

レース結果

着順 馬名 騎手 着差 人気
1 2 トーキングドラム 幸英明 1.21.4
2 4 ヒルノデイバロー 古川吉洋 アタマ
3 12 ナガラオリオン 国分優作
ラップタイム
  • 12.1
  • 10.7
  • 11.0
  • 11.7
  • 11.7
  • 12.0
  • 12.2
通過
  • 33.8
  • 45.5
  • 57.2
上がり
  • 47.6
  • 35.9

払戻

単勝
2
2,570円
複勝
2
980円
4
600円
12
2,930円
ワイド
2-4
2,850円
2-12
14,470円
4-12
8,610円
枠連
2-4
12,600円
馬連
2-4
13,090円
馬単
2-4
33,100円
3連複
2-4-12
239,760円
3連単
2-4-12
2,483,180円

競馬予想ブログの阪急杯回顧

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:阪急杯」「キーワード:回顧」が含まれるブログ記事です。

第61回阪急杯の予想

KLANユーザーの2017年阪急杯予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
            73.8 30.8 42.3 60.4 17.2 1.8 32.2 4.3 16.3 7.7 25.6 14.2 単勝オッズ
3 7 12 5 6 8 11 9 2 4 1 10 着順
える さん える 206.0%
マサラッキ さん マサラッキ 189.1%
さからあ さん さからあ 185.9%
コールスロー さん コールスロー 172.5%
loser さん loser 171.3%

予想オッズ(1626人の軸馬予想より算出)

7シュウジ
1.3倍
馬名 予想オッズ
シュウジ
1.3倍
ロサギガンティア
4.5倍
ブラヴィッシモ
8.4倍
ムーンクレスト
31.0倍
ミッキーラブソング
39.4倍
ヒルノデイバロー
48.2倍
トーキングドラム
72.3倍
ダイシンサンダー
86.7倍
テイエムタイホー
162.6倍
カオスモス
260.2倍
ナガラオリオン
260.2倍
メドウラーク
650.4倍

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

7シュウジ
29人
馬名 投票数
シュウジ
29人
ロサギガンティア
8人
トーキングドラム
4人
ヒルノデイバロー
3人
ミッキーラブソング
2人
回収率100%超えのユーザーはシュウジを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、シュウジを2017年阪急杯の軸馬として支持。50人中29人が本命馬と予想しています。

また、全体では1,626人が阪急杯を予想し、1029人のユーザーがシュウジを軸馬と予想しています。これは63.3%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝1.3倍となります。

競馬予想ブログの阪急杯予想

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:阪急杯」が含まれるブログ記事です。

阪急杯レース動画(YouTube)

2017年阪急杯の
関連レース動画が見つかりません。

過去データ

枠番別傾向

3枠の複勝率
44.4%
  1. 1枠
    2
  2. 2枠
    3
  3. 3枠
    4
  4. 4枠
    2
  5. 5枠
    0
  6. 6枠
    1
  7. 7枠
    2
  8. 8枠
    1
3着以内の数

脚質別割合

差しの成績
2-3-2-25
3着内占有率
逃げ
13.3%
先行
20.0%
差し
46.7%
追込
20.0%

人気薄馬の騎手

  1. 2017 96.2倍
    ナガラオリオン
    • 3着
    • 8枠
    • 12番
    • 追込
    • 国分優作
  2. 2013 79.6倍
    オリービン
    • 3着
    • 3枠
    • 6番
    • 先行
    • 川田将雅
  3. 2015 44.0倍
    ローブティサージュ
    • 3着
    • 3枠
    • 6番
    • 差し
    • 池添謙一

施行コース

阪神・芝1400m(内)
阪神・芝1400m(内)のコース図
直線・コーナーデータ
  • 急坂
  • コーナー:2回
  • 直線距離:356.5m
  • コーナーまでの距離:458.2m

Aコース使用

コースのポイント
  • コーナーまで距離が十分にあり、下り坂ということもあり前半は速い。
  • 内回りなので、ハイペースでの差し馬を狙うなら内々で我慢する馬。
  • スタミナ要求度が高く、ステイゴールド・ハーツクライに好走例多い。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2017/02/26 9阪神2 11R 第61回 阪急杯G3 芝1400m トーキングドラム 幸英明 斎藤誠
2016/02/28 9阪神2 11R 第60回 阪急杯G3 芝1400m ミッキーアイル 松山弘平 音無秀孝
2015/03/01 9阪神2 11R 第59回 阪急杯G3 芝1400m ダイワマッジョーレ M.デムーロ 矢作芳人
2014/03/02 9阪神2 11R 第58回 阪急杯G3 芝1400m コパノリチャード 浜中俊 宮徹
2013/02/24 9阪神2 11R 第57回 阪急杯G3 芝1400m ロードカナロア 岩田康誠 安田隆行
2012/02/26 9阪神2 11R 第56回 阪急杯G3 芝1400m マジンプロスパー 浜中俊 中尾秀正
2011/02/27 9阪神2 11R 第55回 阪急杯G3 芝1400m サンカルロ 吉田豊 大久保洋吉
2010/02/28 9阪神2 11R 第54回 阪急杯G3 芝1400m エーシンフォワード 岩田康誠 西園正都
2009/03/01 9阪神2 11R 第53回 阪急杯G3 芝1400m ビービーガルダン 安藤勝己 領家政蔵
2008/03/02 9阪神2 11R 第52回 阪急杯G3 芝1400m ローレルゲレイロ 四位洋文 昆貢
2007/02/25 9阪神2 11R 第51回 阪急杯G3 芝1400m プリサイスマシーン 安藤勝己 萩原清
エイシンドーバー 幸英明 湯浅三郎
2006/02/26 9阪神2 11R 第50回 阪急杯G3 芝1400m ブルーショットガン 松永幹夫 武宏平
2005/02/27 9阪神2 11R 第49回 阪急杯G3 芝1200m キーンランドスワン 四位洋文 森秀行
2004/02/29 9阪神2 11R 第48回 阪急杯G3 芝1200m サニングデール 吉田稔 瀬戸口勉
2003/03/02 9阪神2 11R 第47回 阪急杯G3 芝1200m ショウナンカンプ 藤田伸二 大久保洋吉
2002/02/24 9阪神2 11R 第46回 阪急杯G3 芝1200m アドマイヤコジーン 後藤浩輝 橋田満
2001/02/25 9阪神2 11R 第45回 阪急杯G3 芝1200m ダイタクヤマト M.デムーロ 石坂正
2000/02/27 9阪神2 11R 第44回 阪急杯G3 芝1200m ブラックホーク 横山典弘 国枝栄
1999/04/10 9阪神5 11R 第43回 阪急杯G3 芝1200m キョウエイマーチ 秋山真一郎 野村彰彦
1998/04/04 9阪神3 11R 第42回 阪急杯G3 芝1200m マサラッキ 河内洋 増本豊
1997/03/29 9阪神3 11R 第41回 阪急杯G3 芝1200m シンコウフォレスト 四位洋文 栗田博憲
1996/06/16 9阪神2 11R 第40回 阪急杯G3 芝1200m トーワウィナー 河内洋 佐山優
1995/06/03 8京都7 11R 第39回 阪急杯G3 芝1400m ボディーガード 松永幹夫 山本正司
1994/06/05 9阪神6 11R 第38回 阪急杯G3 芝1400m ゴールドマウンテン 岸滋彦 佐山優
1993/06/06 9阪神6 11R 第37回 阪急杯G3 芝1400m レガシーフィールド 佐藤哲三 吉岡八郎
1992/06/07 9阪神6 11R 第36回 阪急杯G3 芝1400m ホクセイシプレー 須貝尚介 須貝彦三
1991/06/02 8京都6 11R 第35回 阪急杯G3 芝1400m ジョーロアリング 山田和広 坪正直
1990/06/03 9阪神6 11R 第34回 阪急杯G3 芝1400m センリョウヤクシャ 河内洋 庄野穂積
1989/06/04 9阪神6 11R 第33回 阪急杯G3 芝1400m ホリノライデン 武豊 目野哲也
1988/06/05 9阪神6 11R 第32回 阪急杯G3 芝1400m サンキンハヤテ 増井裕 橋口弘次郎
1987/06/07 9阪神6 11R 第31回 阪急杯G3 芝1400m セントシーザー 河内洋 橋口弘次郎
1986/06/08 9阪神8 11R 第30回 阪急杯G3 芝1400m ロングハヤブサ 南井克巳 小林稔

Wikipedia(阪急杯)

阪急杯(はんきゅうはい)は、日本の日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝1400メートルで施行する中央競馬の重賞(GIII)競走である。

競走名は優勝杯を提供する阪急電鉄から冠名が取られた。

阪急電鉄は阪神競馬場の最寄の鉄道駅 駅である仁川駅に乗り入れている鉄道会社である。

本競走は1955年から1956年の2年間だけ施行された、阪神競馬場の芝2400mの4歳(現3歳)以上のハンデキャップの混合の重賞競走「阪神記念」を前身とし、1957年に阪神競馬場の芝2200mの4歳(現3歳)以上のハンデキャップの混合の重賞競走「宝塚杯」として新設された。

だが1958年 翌年には混合競走から除外、外国産馬は1997年の再指定まで出走できなくなる。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

Googleニュース