第22回アンタレスステークスのレース結果

レース結果

着順 馬名 騎手 着差 人気
1 10 モルトベーネ M.デム 1.49.9
2 4 ロンドンタウン 川田将雅
3 5 ロワジャルダン 浜中俊 クビ
ラップタイム
  • 12.5
  • 10.8
  • 13.0
  • 12.5
  • 12.4
  • 12.1
  • 12.1
  • 12.0
  • 12.5
通過
  • 36.3
  • 48.8
  • 61.2
上がり
  • 48.7
  • 36.6

払戻

単勝
10
730円
複勝
10
280円
4
350円
5
580円
ワイド
4-10
1,420円
5-10
3,560円
4-5
3,760円
枠連
2-5
1,130円
馬連
4-10
4,360円
馬単
10-4
7,600円
3連複
4-5-10
38,510円
3連単
10-4-5
167,220円

競馬予想ブログのアンタレスステークス回顧

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:アンタレスステークス」「キーワード:回顧」が含まれるブログ記事です。

第22回アンタレスステークスの予想

KLANユーザーの2017年アンタレスステークス予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
    20.0 33.7 74.4 8.5 40.2 104.6 7.3 224.5 91.4 13.5 2.3 29.4 13.5 4.2 116.8 206.5 単勝オッズ
14 8 12 5 7 4 1 10 6 15 9 3 2 11 16 13 着順
ガチャPIN2017 さん ガチャPIN2017 205.1%
ID:38052 さん ID:38052 197.8%
ザッツまん さん ザッツまん 182.1%
× × × × ID:25992 さん ID:25992 172.5%
× × rikuw さん rikuw 160.6%

予想オッズ(1282人の軸馬予想より算出)

6グレンツェント
1.9倍
馬名 予想オッズ
グレンツェント
1.9倍
ミツバ
3.5倍
アスカノロマン
9.2倍
モンドクラッセ
11.8倍
モルトベーネ
14.4倍
ロンドンタウン
14.4倍
ロワジャルダン
51.3倍
リーゼントロック
54.0倍
タムロミラクル
57.0倍
ナムラアラシ
60.3倍
タガノエスプレッソ
114.0倍
ピットボス
128.2倍
ショウナンアポロン
146.5倍
メイショウスミトモ
256.4倍
マイネルバイカ
512.8倍
マイネルクロップ
1025.6倍

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

6グレンツェント
13人
馬名 投票数
グレンツェント
13人
ミツバ
4人
モンドクラッセ
3人
アスカノロマン
2人
ナムラアラシ
1人
回収率100%超えのユーザーはグレンツェントを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、グレンツェントを2017年アンタレスステークスの軸馬として支持。28人中13人が本命馬と予想しています。

また、全体では1,282人がアンタレスステークスを予想し、539人のユーザーがグレンツェントを軸馬と予想しています。これは42.0%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝1.9倍となります。

競馬予想ブログのアンタレスステークス予想

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:アンタレスステークス」が含まれるブログ記事です。

アンタレスステークスレース動画(YouTube)

2017年アンタレスステークスの
関連レース動画が見つかりません。

過去データ

枠番別傾向

2枠の複勝率
40.0%
  1. 1枠
    2
  2. 2枠
    4
  3. 3枠
    1
  4. 4枠
    1
  5. 5枠
    4
  6. 6枠
    1
  7. 7枠
    1
  8. 8枠
    1
3着以内の数

脚質別割合

先行の成績
3-2-1-11
3着内占有率
逃げ
6.7%
先行
40.0%
差し
46.7%
追込
6.7%

人気薄馬の騎手

  1. 2017 29.4倍
    ロワジャルダン
    • 3着
    • 3枠
    • 5番
    • 差し
    • 浜中俊
  2. 2016 23.4倍
    サージェントバッジ
    • 3着
    • 1枠
    • 2番
    • 追込
    • M.デムーロ
  3. 2014 17.9倍
    トウショウフリーク
    • 2着
    • 1枠
    • 1番
    • 差し
    • 武豊

施行コース

阪神・ダ1800m
阪神・ダ1800mのコース図
直線・コーナーデータ
  • 急坂
  • コーナー:4回
  • 直線距離:352.5m
  • コーナーまでの距離:298.2m

Bコース使用

コースのポイント
  • 1コーナーまでの先行争いが激しく、内の馬は常に包まれるリスクを考慮。
  • 普通のペースなら前が有利だが、中盤で緩まないようだと差し決着も。
  • スタート後、直線と2回の急坂を克服するパワーが必要。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2017/04/15 9阪神7 11R 第22回 アンタレスステークスG3 ダ1800m モルトベーネ M.デムーロ 松永昌博
2016/04/16 9阪神7 11R 第21回 アンタレスステークスG3 ダ1800m アウォーディー 武豊 松永幹夫
2015/04/18 9阪神7 11R 第20回 アンタレスステークスG3 ダ1800m クリノスターオー 幸英明 高橋義忠
2014/04/19 9阪神7 11R 第19回 アンタレスステークスG3 ダ1800m ナムラビクター 小牧太 福島信晴
2013/04/13 9阪神7 11R 第18回 アンタレスステークスG3 ダ1800m ホッコータルマエ 岩田康誠 西浦勝一
2012/04/14 9阪神7 11R 第17回 アンタレスステークスG3 ダ1800m ゴルトブリッツ 川田将雅 吉田直弘
2011/04/24 8京都2 11R 第16回 アンタレスステークスG3 ダ1800m ゴルトブリッツ 田辺裕信 吉田直弘
2010/04/25 8京都2 10R 第15回 アンタレスステークスG3 ダ1800m ダイシンオレンジ 川田将雅 庄野靖志
2009/04/26 8京都2 10R 第14回 アンタレスステークスG3 ダ1800m ウォータクティクス 川田将雅 池江泰寿
2008/04/27 8京都2 11R 第13回 アンタレスステークスG3 ダ1800m ワンダースピード 小牧太 羽月友彦
2007/04/22 8京都2 11R 第12回 アンタレスステークスG3 ダ1800m ワイルドワンダー 岩田康誠 久保田貴士
2006/04/23 8京都2 11R 第11回 アンタレスステークスG3 ダ1800m フィフティーワナー 武豊 安田隆行
2005/04/24 8京都2 11R 第10回 アンタレスステークスG3 ダ1800m ピットファイター 安藤勝己 加藤征弘
2004/04/25 8京都2 11R 第9回 アンタレスステークスG3 ダ1800m タイムパラドックス 安藤勝己 松田博資
2003/04/27 8京都2 11R 第8回 アンタレスステークスG3 ダ1800m ゴールドアリュール 武豊 池江泰郎
2002/04/21 8京都2 11R 第7回 アンタレスステークスG3 ダ1800m ハギノハイグレイド 武豊 松田国英
2001/04/22 8京都2 11R 第6回 アンタレスステークスG3 ダ1800m スマートボーイ 伊藤直人 伊藤圭三
2000/04/23 8京都2 11R 第5回 アンタレスステークスG3 ダ1800m スマートボーイ 伊藤直人 伊藤圭三
1999/05/08 8京都5 11R 第4回 アンタレスステークスG3 ダ1800m オースミジェット 四位洋文 白井寿昭
1998/05/09 8京都5 11R 第3回 アンタレスステークスG3 ダ1800m ワイルドブラスター 橋本広喜 新井仁
1997/05/03 8京都5 11R 第2回 アンタレスステークスG3 ダ1800m エムアイブラン 武豊 伊藤修司
1996/06/29 9阪神5 11R 第1回 アンタレスステークスG3 ダ1800m テセウスフリーゼ 武豊 新関力

Wikipedia(アンタレスステークス)

アンタレスステークスは、日本の日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場のダート1800メートルで施行する競馬の重賞(GIII)競走。

競走名はさそり座のα星であるアンタレス(Antares)に由来。

1996年におけるダート路線の整備の一環として4歳(現3歳) 以上の混合のハンデキャップの重賞(GIII)競走として創設。

第1回は現在とは違い阪神競馬場のダート1800mで施行された。

1997年からは出走資格を5歳(現4歳)以上に変更、更に指定競走に指定、地方競馬 地方所属の競走馬も出走が可能になり、また前年から施行されたダートグレード競走のGIII(統一GIII)に格付け、また施行場を京都競馬場のダート1800mに変更、2003年からは負担重量を別定に変更、2005年からは国際競走に指定された。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

Googleニュース