第57回京成杯(2017年1月15日)の予想

KLANユーザーの2017年京成杯予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
      16.3 9.5 36.4 13.4 12.1 24.8 37.1 4.1 31.4 20.5 150.1 10.0 6.8 6.9 8.6 単勝オッズ
6 11 13 5 2 12 9 1 7 8 4 10 15 3 14 着順
しょーはる さん しょーはる 267.9%
Mr.K さん Mr.K 190.3%
よっぴ さん よっぴ 187.2%
tomo さん tomo 177.3%
× ID:17812 さん ID:17812 169.7%

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

コマノインパルス
21人
馬名 投票数
コマノインパルス
21人
マイネルスフェーン
13人
イブキ
10人
ベストリゾート
9人
バリングラ
7人
回収率100%超えのユーザーはコマノインパルスを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、コマノインパルスを2017年京成杯の軸馬として支持。85人中21人が本命馬と予想しています。

また、全体では1,577人が京成杯を予想し、431人のユーザーがコマノインパルスを軸馬と予想しています。これは27.3%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝2.9倍となります。

競馬予想ブログ(京成杯の予想・分析)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:京成杯」が含まれるブログ記事です。

第57回京成杯(2017年1月15日)のレース結果

レース結果

着順 馬名 騎手 着差 人気
1 8 コマノインパルス 田辺裕信 2.02.5
2 11 ガンサリュート 北村友一 クビ
3 2 マイネルスフェーン 柴田大知 1/2
ラップタイム
  • 12.6
  • 11.2
  • 13.1
  • 12.1
  • 12.6
  • 12.2
  • 12.4
  • 12.2
  • 12.0
  • 12.1
通過
  • 36.9
  • 49.0
  • 61.6
上がり
  • 48.7
  • 36.3

払い戻し

単勝
8
380円
複勝
8
140円
11
360円
2
190円
ワイド
8-11
950円
2-8
410円
2-11
1,520円
枠連
5-6
1,600円
馬連
8-11
2,580円
馬単
8-11
3,970円
3連複
2-8-11
4,660円
3連単
8-11-2
23,040円

競馬予想ブログ(京成杯の回顧)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:京成杯」「キーワード:回顧」が含まれるブログ記事です。

京成杯レース動画(YouTube)

2017年京成杯

過去データ

枠番別傾向

6枠の複勝率
40.0%
  1. 1枠
    1
  2. 2枠
    2
  3. 3枠
    2
  4. 4枠
    1
  5. 5枠
    2
  6. 6枠
    4
  7. 7枠
    0
  8. 8枠
    3
3着以内の数

脚質別割合

差しの成績
3-3-1-22
3着内占有率
逃げ
0.0%
先行
20.0%
差し
46.7%
追込
33.3%

人気薄馬の騎手

  1. 2013 27.6倍
    ケイアイチョウサン
    • 3着
    • 6枠
    • 7番
    • 先行
    • 石橋脩
  2. 2017 14.4倍
    ガンサリュート
    • 2着
    • 6枠
    • 11番
    • 追込
    • 北村友一
  3. 2016 14.0倍
    ケルフロイデ
    • 2着
    • 2枠
    • 3番
    • 先行
    • 石橋脩

施行コース

中山・芝2000m(内)
中山・芝2000m(内)のコース図
直線・コーナーデータ
  • 急坂
  • コーナー:4回
  • 直線距離:310m
  • コーナーまでの距離:367.2m

Cコース使用

コースのポイント
  • 1コーナーまでの距離はあるので、外枠でもスムーズに先行できれば。
  • 4角で馬群が膨らむので、外を回る人気の差し馬に過信禁物。
  • 急坂を2回超えるのでスタミナ必須。ペース速まると差し馬台頭。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2017/01/15 6中山5 11R 第57回 京成杯G3 芝2000m コマノインパルス 田辺裕信 菊川正達
2016/01/17 6中山6 11R 第56回 京成杯G3 芝2000m プロフェット S.フォーリー 池江泰寿
2015/01/18 6中山7 11R 第55回 京成杯G3 芝2000m ベルーフ 川田将雅 池江泰寿
2014/01/19 6中山7 11R 第54回 京成杯G3 芝2000m プレイアンドリアル 柴田大知 河津裕昭
2013/01/21 6中山5 11R 第53回 京成杯G3 芝2000m フェイムゲーム F.ベリー 宗像義忠
2012/01/15 6中山5 11R 第52回 京成杯G3 芝2000m ベストディール 蛯名正義 国枝栄
2011/01/16 6中山6 11R 第51回 京成杯G3 芝2000m フェイトフルウォー 田中勝春 伊藤伸一
2010/01/17 6中山6 11R 第50回 京成杯G3 芝2000m エイシンフラッシュ 横山典弘 藤原英昭
2009/01/18 6中山6 11R 第49回 京成杯G3 芝2000m アーリーロブスト 福永祐一 本田優
2008/01/20 6中山6 11R 第48回 京成杯G3 芝2000m マイネルチャールズ 松岡正海 稲葉隆一
2007/01/14 6中山5 11R 第47回 京成杯G3 芝2000m サンツェッペリン 松岡正海 斎藤誠
2006/01/15 6中山6 11R 第46回 京成杯G3 芝2000m ジャリスコライト 北村宏司 藤沢和雄
2005/01/16 6中山6 11R 第45回 京成杯G3 芝2000m アドマイヤジャパン 横山典弘 松田博資
2004/01/18 6中山6 11R 第44回 京成杯G3 芝2000m フォーカルポイント 横山典弘 河野通文
2003/01/19 6中山6 11R 第43回 京成杯G3 芝2000m スズカドリーム 蛯名正義 橋田満
2002/01/13 5東京5 11R 第42回 京成杯G3 芝2000m ヤマニンセラフィム 蛯名正義 浅見秀一
ローマンエンパイア 武幸四郎 古川平
2001/01/14 6中山6 11R 第41回 京成杯G3 芝2000m ボーンキング D.ハリソン 松田国英
2000/01/16 6中山6 11R 第40回 京成杯G3 芝2000m マイネルビンテージ 柴田善臣 佐々木晶三
1999/01/17 6中山6 11R 第39回 京成杯G3 芝2000m オースミブライト 蛯名正義 中尾正
1998/01/11 6中山4 11R 第38回 京成杯G3 芝1600m マンダリンスター 柴田善臣 高市圭二
1997/01/07 6中山3 11R 第37回 京成杯G3 芝1600m スピードワールド 的場均 小西一男
1996/01/07 5東京3 11R 第36回 京成杯G3 芝1600m サクラスピードオー 小島太 境勝太郎
1995/01/08 6中山3 11R 第35回 京成杯G3 芝1600m マイティーフォース 松永幹夫 加藤敬二
1994/01/09 6中山4 11R 第34回 京成杯G3 芝1600m ビコーペガサス 的場均 柳田次男
1993/01/17 6中山6 11R 第33回 京成杯G3 芝1600m オースミポイント 橋本広喜 白井寿昭
1992/01/19 6中山6 11R 第32回 京成杯G3 芝1600m エーピージェット 的場均 元石孝昭
1991/01/13 6中山5 11R 第31回 京成杯G3 芝1600m ダイナマイトダディ 増沢末夫 鈴木康弘
1990/01/14 6中山5 11R 第30回 京成杯G3 芝1600m ノーモアスピーディ 安田富男 松山康久
1989/01/15 6中山5 11R 第29回 京成杯G3 芝1600m スピークリーズン 安田富男 尾形充弘
1988/01/10 6中山4 11R 第28回 京成杯G3 芝1600m トウショウマリオ 柴田政人 奥平真治
1987/01/11 6中山4 11R 第27回 京成杯G3 芝1600m スーパーファントム 柴田政人 中村貢
1986/01/12 6中山5 10R 第26回 京成杯G3 芝1600m ダイナフェアリー 増沢末夫 鈴木康弘

Wikipedia

京成杯(けいせいはい)は、日本の日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝2000メートルで施行する中央競馬の重賞(GIII)競走である。

競走名は優勝杯を提供する京成電鉄から冠名が取られている。

1961年に関東圏の4歳(現3歳)の最初の重賞競走として創設、第1回は中山競馬場の1600mで施行された。

1970年には施行場を東京競馬場に移すが、1980年に再び中山競馬場に戻している。

1984年にはグレード制施行によりGIIIに格付けされたが、1999年に施行距離の芝1600mがクラシック競走に直結しない事からクラシック路線の有力馬は回避する傾向があった為、皐月賞と同じ距離である芝2000mに延長され、本競走で入賞した競走馬が同年のクラシック戦線で好走する事が多くなり、クラシック戦線の行方を占う意味合いがより強まる事になった。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

ニュース