第52回函館記念(2016年7月17日)の予想

KLANユーザーの2016年函館記念予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
    12.9 18.0 20.1 52.6 10.0 13.7 17.0 48.7 24.2 19.2 8.3 11.0 4.9 5.1 11.5 87.4 単勝オッズ
15 11 8 14 6 16 3 7 2 12 1 13 5 9 10 4 着順
× とらお さん とらお 188.3%
とし さん とし 161.0%
ID:37552 さん ID:37552 151.7%
× × × × × てっさろっさ さん てっさろっさ 131.6%
まちゃまちゃ さん まちゃまちゃ 129.9%

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

バイガエシ
5人
馬名 投票数
バイガエシ
5人
レッドレイヴン
5人
ファントムライト
4人
トゥインクル
3人
マイネルミラノ
3人
回収率100%超えのユーザーはバイガエシを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、バイガエシを2016年函館記念の軸馬として支持。29人中5人が本命馬と予想しています。

また、全体では1,357人が函館記念を予想し、268人のユーザーがバイガエシを軸馬と予想しています。これは19.7%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝4.1倍となります。

競馬予想ブログ(函館記念の予想・分析)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2016年」「レース名:函館記念」が含まれるブログ記事です。

第52回函館記念(2016年7月17日)のレース結果

レース結果

着順 馬名 騎手 着差 人気
1 6 マイネルミラノ 丹内祐次 1.59.0
2 8 ケイティープライド 浜中俊
3 10 ツクバアズマオー 吉田豊 11/2
ラップタイム
  • 12.3
  • 11.0
  • 12.0
  • 12.4
  • 12.3
  • 11.6
  • 11.9
  • 11.7
  • 11.9
  • 11.9
通過
  • 35.3
  • 47.7
  • 60.0
上がり
  • 47.4
  • 35.5

払い戻し

単勝
6
740円
複勝
6
290円
8
690円
10
490円
ワイド
6-8
2,690円
6-10
2,070円
8-10
4,460円
枠連
3-4
2,770円
馬連
6-8
10,890円
馬単
6-8
18,550円
3連複
6-8-10
41,470円
3連単
6-8-10
233,010円

競馬予想ブログ(函館記念の回顧)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2016年」「レース名:函館記念」「キーワード:回顧」が含まれるブログ記事です。

函館記念レース動画(YouTube)

2016年函館記念

過去データ

枠番別傾向

2枠の複勝率
40.0%
  1. 1枠
    3
  2. 2枠
    4
  3. 3枠
    2
  4. 4枠
    3
  5. 5枠
    2
  6. 6枠
    0
  7. 7枠
    0
  8. 8枠
    1
3着以内の数

脚質別割合

先行の成績
2-3-2-9
3着内占有率
逃げ
13.3%
先行
46.7%
差し
40.0%
追込
0.0%

人気薄馬の騎手

  1. 2016 27.6倍
    ケイティープライド
    • 2着
    • 4枠
    • 8番
    • 先行
    • 浜中俊
  2. 2015 27.5倍
    ハギノハイブリッド
    • 2着
    • 2枠
    • 3番
    • 先行
    • 藤岡康太
  3. 2012 27.0倍
    イケトップガン
    • 2着
    • 4枠
    • 8番
    • 差し
    • 丸田恭介

施行コース

函館・芝2000m
函館・芝2000mのコース図
直線・コーナーデータ
  • 平坦
  • コーナー:4回
  • 直線距離:262m
  • コーナーまでの距離:450.6m

Bコース使用

コースのポイント
  • 1角まで十分な距離があるので、先行馬にとっての内外の有利不利はない。
  • ペース次第で差し馬でも間に合う。特に函館記念(今年は札幌記念も)で。
  • 特注血統はグレイソヴリン系。単複ともに回収値が高くかならず確認。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2016/07/17 2函館4 11R 第52回 函館記念G3 芝2000m マイネルミラノ 丹内祐次 相沢郁
2015/07/19 2函館4 11R 第51回 函館記念G3 芝2000m ダービーフィズ 岩田康誠 小島太
2014/07/20 2函館6 11R 第50回 函館記念G3 芝2000m ラブイズブーシェ 古川吉洋 村山明
2013/07/14 2函館4 11R 第49回 函館記念G3 芝2000m トウケイヘイロー 武豊 清水久詞
2012/07/15 2函館6 11R 第48回 函館記念G3 芝2000m トランスワープ 大野拓弥 萩原清
2011/07/24 2函館4 11R 第47回 函館記念G3 芝2000m キングトップガン 横山典弘 鮫島一歩
2010/07/25 2函館4 9R 第46回 函館記念G3 芝2000m マイネルスターリー D.ホワイト 加用正
2009/07/26 1札幌12 9R 第45回 函館記念G3 芝2000m サクラオリオン 秋山真一郎 池江泰郎
2008/07/27 2函館4 9R 第44回 函館記念G3 芝2000m トーセンキャプテン 藤岡佑介 角居勝彦
2007/07/22 2函館4 9R 第43回 函館記念G3 芝2000m エリモハリアー 武幸四郎 田所秀孝
2006/07/23 2函館4 9R 第42回 函館記念G3 芝2000m エリモハリアー 安藤勝己 田所秀孝
2005/07/24 2函館4 9R 第41回 函館記念G3 芝2000m エリモハリアー 北村浩平 田所秀孝
2004/07/25 2函館4 9R 第40回 函館記念G3 芝2000m クラフトワーク 横山典弘 後藤由之
2003/07/27 2函館4 11R 第39回 函館記念G3 芝2000m エアエミネム 蛯名正義 伊藤雄二
2002/07/21 2函館4 11R 第38回 函館記念G3 芝2000m ヤマニンリスペクト 横山賀一 浅見秀一
2001/07/22 2函館6 11R 第37回 函館記念G3 芝2000m ロードプラチナム 松永幹夫 伊藤雄二
2000/07/23 2函館6 11R 第36回 函館記念G3 芝2000m クラフトマンシップ 勝浦正樹 後藤由之
1999/07/04 2函館8 11R 第35回 函館記念G3 芝2000m ジョービッグバン 田面木博公 坪正直
1998/07/05 2函館8 11R 第34回 函館記念G3 芝2000m パルブライト 木幡初広 杉浦宏昭
1997/06/29 2函館8 11R 第33回 函館記念G3 芝2000m アロハドリーム 加藤和宏 岩城博俊
1996/08/18 2函館6 11R 第32回 函館記念G3 芝2000m ブライトサンディー 横山典弘 荻野光男
1995/08/20 2函館6 11R 第31回 函館記念G3 芝2000m インターマイウェイ 藤田伸二 中村均
1994/08/21 1札幌6 11R 第30回 函館記念G3 芝2000m ワコーチカコ 藤田伸二 伊藤雄二
1993/08/22 2函館6 10R 第29回 函館記念G3 芝2000m ゴールデンアイ 藤田伸二 柄崎孝
1992/08/23 2函館6 11R 第28回 函館記念G3 芝2000m ヒガシマジョルカ 的場均 尾形充弘
1991/08/18 2函館6 10R 第27回 函館記念G3 芝2000m メジロマーシャス 田原成貴 池江泰郎
1990/08/19 2函館6 10R 第26回 函館記念G3 芝2000m ラッキーゲラン 内田浩一 池江泰郎
1989/08/20 2函館6 9R 第25回 函館記念G3 芝2000m スピークリーズン 安田富男 尾形充弘
1988/08/21 2函館6 10R 第24回 函館記念G3 芝2000m サッカーボーイ 河内洋 小野幸治
1987/08/23 2函館6 10R 第23回 函館記念G3 芝2000m ウインドストース 加藤和宏 二本柳俊夫
1986/08/17 2函館6 9R 第22回 函館記念G3 芝2000m ニッポーテイオー 郷原洋行 久保田金造

Wikipedia

函館記念(はこだてきねん)は日本中央競馬会が函館競馬場の芝2000メートルで施行する中央競馬の重賞(GIII)競走である。

正式名称は農林水産省賞典函館記念で、3歳以上のハンデキャップ競走である。

1965年に創設された当初は2400mであったが、1968年に2000mとなり、1994年-1996年は別定重量競走として施行された(ただし1994年は札幌競馬場で施行)。

もとは札幌記念→函館記念の順であったが、開催順序の変更で1997年からは函館記念が先に施行されるようになった。

梅雨から夏場の北海道は、サラブレッドにとっては過ごしやすい気候であるため秋に飛躍を目指す馬の遠征が多い。

函館記念の歴代の優勝馬には、皐月賞優勝馬リユウズキ、天皇賞優勝馬メジロアサマ、メジロムサシ、エリモジョージ、最優秀スプリンターに選出されたニッポーテイオー、サッカーボーイなどの名馬が名を連ねている。

このレースではハンデ戦に戻った1997年の第33回から2003年の第39回まで7年連続で荒れた。

その事から競馬ファン等からは『日本一、荒れまくる重賞競走』と言われている。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

ニュース