第54回愛知杯(2017年1月14日)の予想

KLANユーザーの2017年愛知杯予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
      17.8 7.0 30.7 5.6 5.0 6.8 18.2 46.0 5.2 84.8 20.7 27.9 35.5 104.5 10.4 単勝オッズ
15 13 14 7 1 12 5 10 9 6 11 2 8 4 3 着順
× カノケン さん カノケン 265.8%
とらお さん とらお 188.3%
とし さん とし 161.0%
Analysis さん Analysis 144.6%
× サム さん サム 136.3%

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

クリノラホール
12人
馬名 投票数
クリノラホール
12人
プリメラアスール
7人
マキシマムドパリ
4人
シャルール
3人
ヒルノマテーラ
3人
回収率100%超えのユーザーはクリノラホールを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、クリノラホールを2017年愛知杯の軸馬として支持。37人中12人が本命馬と予想しています。

また、全体では1,287人が愛知杯を予想し、287人のユーザーがプリメラアスールを軸馬と予想しています。これは22.3%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝3.6倍となります。

競馬予想ブログ(愛知杯の予想・分析)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:愛知杯」が含まれるブログ記事です。

第54回愛知杯(2017年1月14日)のレース結果

レース結果

着順 馬名 騎手 着差 人気
1 11 マキシマムドパリ 岩田康誠 2.01.4
2 4 サンソヴール 津村明秀 11/2
3 1 クインズミラーグロ 藤岡康太
ラップタイム
  • 12.9
  • 11.6
  • 12.7
  • 12.3
  • 12.1
  • 11.8
  • 11.9
  • 11.8
  • 11.7
  • 12.6
通過
  • 37.2
  • 49.5
  • 61.6
上がり
  • 48.0
  • 36.1

払い戻し

単勝
11
500円
複勝
11
190円
4
570円
1
360円
ワイド
4-11
2,460円
1-11
870円
1-4
3,480円
枠連
3-6
2,080円
馬連
4-11
7,450円
馬単
11-4
13,050円
3連複
1-4-11
20,920円
3連単
11-4-1
120,440円

競馬予想ブログ(愛知杯の回顧)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:愛知杯」「キーワード:回顧」が含まれるブログ記事です。

愛知杯レース動画(YouTube)

2017年愛知杯

過去データ

枠番別傾向

1枠の複勝率
22.2%
  1. 1枠
    2
  2. 2枠
    1
  3. 3枠
    2
  4. 4枠
    2
  5. 5枠
    0
  6. 6枠
    2
  7. 7枠
    3
  8. 8枠
    3
3着以内の数

脚質別割合

追込の成績
3-0-1-20
3着内占有率
逃げ
6.7%
先行
26.7%
差し
40.0%
追込
26.7%

人気薄馬の騎手

  1. 2013 49.8倍
    キャトルフィーユ
    • 2着
    • 8枠
    • 18番
    • 差し
    • 横山和生
  2. 2013 45.3倍
    コスモネモシン
    • 3着
    • 8枠
    • 16番
    • 先行
    • 丹内祐次
  3. 2013 43.7倍
    フーラブライド
    • 1着
    • 3枠
    • 5番
    • 差し
    • 酒井学

施行コース

中京・芝2000m
中京・芝2000mのコース図
直線・コーナーデータ
  • 急坂
  • コーナー:4回
  • 直線距離:412.5m
  • コーナーまでの距離:295.2m

Bコース使用

コースのポイント
  • 直線の急坂がスタート地点。よって、ゆったりとしたままコーナーに入る。
  • 隊列が決まれば、向こう正面でペース上がる理由なく、スローが多くなる。
  • スローからの上がり勝負でデフォルトで、上位種牡馬はサンデー系ばかり。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2017/01/14 7中京1 11R 第54回 愛知杯G3 芝2000m マキシマムドパリ 岩田康誠 松元茂樹
2016/01/16 7中京1 11R 第53回 愛知杯G3 芝2000m バウンスシャッセ 田辺裕信 藤沢和雄
2014/12/20 7中京5 11R 第52回 愛知杯G3 芝2000m ディアデラマドレ 藤岡康太 角居勝彦
2013/12/14 7中京5 11R 第51回 愛知杯G3 芝2000m フーラブライド 酒井学 木原一良
2012/12/15 7中京5 11R 第50回 愛知杯G3 芝2000m エーシンメンフィス 川須栄彦 野中賢二
2011/12/18 10小倉8 11R 第49回 愛知杯G3 芝2000m フミノイマージン 太宰啓介 本田優
2010/12/19 10小倉6 11R 第48回 愛知杯G3 芝2000m セラフィックロンプ 宮崎北斗 武藤善則
2009/12/19 7中京3 11R 第47回 愛知杯G3 芝2000m リトルアマポーラ 中舘英二 長浜博之
2008/12/20 7中京3 11R 第46回 愛知杯G3 芝2000m セラフィックロンプ 宮崎北斗 武藤善則
2007/12/15 7中京5 11R 第45回 愛知杯G3 芝2000m ディアデラノビア C.ルメール 角居勝彦
2006/12/16 7中京5 11R 第44回 愛知杯G3 芝2000m アドマイヤキッス 武豊 松田博資
2005/06/05 7中京6 11R 第43回 愛知杯G3 芝2000m マイネソーサリス 安部幸夫 佐々木晶三
2004/06/06 7中京6 11R 第42回 愛知杯G3 芝2000m メモリーキアヌ 秋山真一郎 湯窪幸雄
2003/06/08 7中京6 11R 第41回 愛知杯G3 芝2000m カゼニフカレテ 吉田稔 佐々木晶三
2002/06/02 7中京6 11R 第40回 愛知杯G3 芝2000m トウカイパルサー 吉田稔 松元茂樹
2001/06/02 7中京5 11R 第39回 愛知杯G3 芝2000m グランドシンザン 安藤勝己 坂田正行
2000/06/03 7中京5 11R 第38回 愛知杯G3 芝2000m トゥナンテ 幸英明 松元省一
1999/12/12 10小倉6 11R 第37回 愛知杯G3 芝2000m バンブーマリアッチ 野元昭嘉 梅内忍
1998/12/13 7中京6 11R 第36回 愛知杯G3 芝2000m カネトシガバナー 秋山真一郎 野村彰彦
1997/12/07 7中京6 11R 第35回 愛知杯G3 芝2000m サクラエキスパート 佐藤哲三 佐々木晶三
1996/12/08 7中京6 11R 第34回 愛知杯G3 芝2000m ファンドリショウリ 宝来城多郎 布施正
1995/12/10 7中京6 11R 第33回 愛知杯G3 芝2000m サウンドバリヤー 河北通 小野幸治
1994/12/11 7中京6 11R 第32回 愛知杯G3 芝2000m テンザンユタカ 松永昌博 松永善晴
1993/12/12 7中京6 11R 第31回 愛知杯G3 芝2000m ホマレオーカン 菊沢隆徳 柄崎孝
1992/12/13 7中京6 11R 第30回 愛知杯G3 芝2000m ヌエボトウショウ 角田晃一 渡辺栄
1991/12/08 7中京6 11R 第29回 愛知杯G3 芝2000m ヤマニンシアトル 熊沢重文 橋本寿正
1990/12/09 7中京6 11R 第28回 愛知杯G3 芝2000m ホワイトアロー 内田国夫 小野幸治
1989/12/10 7中京6 11R 第27回 愛知杯G3 芝2000m グレートモンテ 猿橋重利 高橋成忠
1988/12/11 7中京6 11R 第26回 愛知杯G3 芝2000m カツトクシン 松永幹夫 安田伊佐夫
1987/12/13 7中京6 11R 第25回 愛知杯G3 芝2000m ピーターホーラー 飯田明弘 荻野光男
1986/11/30 7中京4 11R 第24回 愛知杯G3 芝2000m ピーターホーラー 飯田明弘 荻野光男

Wikipedia

愛知杯(あいちはい)は、日本中央競馬会 日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場の芝2000メートルで施行する競馬の重賞(グレード制 GIII)競走である。

正式名称は「農林水産省賞典愛知杯」で、優勝馬主には農林水産大臣賞と、愛知県知事賞が贈られる。

元々はカブトヤマ記念、中日新聞杯とともに父内国産馬限定重賞競走として年末(2000年より夏季開催)に開催されていたが、種牡馬リーディング上位を争う内国産種牡馬の登場により、父内国産馬の奨励賞の目的がほぼ達成できたという観点から、2004年の番組改編で、牝馬限定の重賞競走として生まれ変わった。

ただし、レースの開催回次は継続されている。

なお、同様にカブトヤマ記念も福島牝馬ステークスに変更された。

こちらはカブトヤマ記念を一旦廃止した上での新設競走扱いとなるため開催回次は2004年を改めて第1回とした。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

ニュース