第30回フラワーカップ(2016年3月21日)の予想

KLANユーザーの2016年フラワーカップ予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
    137.7 37.3 264.6 29.7 19.2 48.1 58.6 3.4 6.2 14.1 18.3 9.2 15.2 6.6 10.7 10.5 単勝オッズ
13 14 16 9 15 5 3 1 8 10 12 4 6 2 11 7 着順
× しょーはる さん しょーはる 268.2%
tomo さん tomo 186.6%
× 天主堂 さん 天主堂 185.7%
× ID:17812 さん ID:17812 185.5%
× × × × × × けかー さん けかー 159.5%

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

エンジェルフェイス
10人
馬名 投票数
エンジェルフェイス
10人
ゲッカコウ
7人
ルフォール
7人
フェイズベロシティ
5人
ペルソナリテ
4人
回収率100%超えのユーザーはエンジェルフェイスを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、エンジェルフェイスを2016年フラワーカップの軸馬として支持。45人中10人が本命馬と予想しています。

また、全体では990人がフラワーカップを予想し、246人のユーザーがエンジェルフェイスを軸馬と予想しています。これは24.8%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝3.2倍となります。

競馬予想ブログ(フラワーカップの予想・分析)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2016年」「レース名:フラワーカップ」が含まれるブログ記事です。

第30回フラワーカップ(2016年3月21日)のレース結果

レース結果

着順 馬名 騎手 着差 人気
1 9 エンジェルフェイス 福永祐一 1.49.3
2 3 ゲッカコウ 松岡正海 11/4
3 10 ウインクルサルーテ 秋山真一 ハナ
ラップタイム
  • 12.7
  • 11.9
  • 12.2
  • 12.5
  • 12.2
  • 12.2
  • 11.9
  • 11.3
  • 12.4
通過
  • 36.8
  • 49.3
  • 61.5
上がり
  • 47.8
  • 35.6

払い戻し

単勝
9
290円
複勝
9
150円
3
210円
10
1,190円
ワイド
3-9
440円
9-10
4,500円
3-10
5,840円
枠連
2-5
820円
馬連
3-9
1,120円
馬単
9-3
1,760円
3連複
3-9-10
24,920円
3連単
9-3-10
82,600円

競馬予想ブログ(フラワーカップの回顧)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2016年」「レース名:フラワーカップ」「キーワード:回顧」が含まれるブログ記事です。

フラワーカップレース動画(YouTube)

2016年フラワーカップ

過去データ

枠番別傾向

5枠の複勝率
40.0%
  1. 1枠
    1
  2. 2枠
    1
  3. 3枠
    2
  4. 4枠
    3
  5. 5枠
    4
  6. 6枠
    1
  7. 7枠
    3
  8. 8枠
    0
3着以内の数

脚質別割合

先行の成績
2-2-1-13
3着内占有率
逃げ
13.3%
先行
33.3%
差し
40.0%
追込
13.3%

人気薄馬の騎手

  1. 2016 96.6倍
    ウインクルサルーテ
    • 3着
    • 5枠
    • 10番
    • 差し
    • 秋山真一郎
  2. 2015 58.9倍
    アースライズ
    • 2着
    • 3枠
    • 5番
    • 差し
    • 三浦皇成
  3. 2012 31.8倍
    サンキューアスク
    • 3着
    • 5枠
    • 9番
    • 追込
    • 内田博幸

施行コース

中山・芝1800m(内)
中山・芝1800m(内)のコース図
直線・コーナーデータ
  • 急坂
  • コーナー:4回
  • 直線距離:310m
  • コーナーまでの距離:204.9m

Aコース使用

コースのポイント
  • 坂の途中からスタートするため、前半のペースは落ち着きやすい。
  • クラス毎で上がり3Fに差がなく、すなわち瞬発力より持続力必要。
  • 展開読みが嵌りやすく、楽に競馬ができる内枠の先行馬を探したい。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2016/03/21 6中山8 11R 第30回 フラワーカップG3 芝1800m エンジェルフェイス 福永祐一 藤原英昭
2015/03/21 6中山7 11R 第29回 フラワーカップG3 芝1800m アルビアーノ 柴山雄一 木村哲也
2014/03/21 6中山7 11R 第28回 フラワーカップG3 芝1800m バウンスシャッセ 北村宏司 藤沢和雄
2013/03/16 6中山7 11R 第27回 フラワーカップG3 芝1800m サクラプレジール 横山典弘 尾関知人
2012/03/17 6中山7 11R 第26回 フラワーカップG3 芝1800m オメガハートランド 石橋脩 堀宣行
2011/03/26 9阪神1 12R 第25回 フラワーカップG3 芝1800m トレンドハンター 岩田康誠 松田博資
2010/03/20 6中山7 11R 第24回 フラワーカップG3 芝1800m オウケンサクラ 後藤浩輝 音無秀孝
2009/03/21 6中山7 11R 第23回 フラワーカップG3 芝1800m ヴィーヴァヴォドカ 村田一誠 勢司和浩
2008/03/22 6中山7 11R 第22回 フラワーカップG3 芝1800m ブラックエンブレム 松岡正海 小島茂之
2007/03/17 6中山7 11R 第21回 フラワーカップG3 芝1800m ショウナンタレント 柴田善臣 二ノ宮敬宇
2006/03/18 6中山7 11R 第20回 フラワーカップG3 芝1800m キストゥヘヴン 横山典弘 戸田博文
2005/03/19 6中山7 11R 第19回 フラワーカップG3 芝1800m シーザリオ 福永祐一 角居勝彦
2004/03/20 6中山7 11R 第18回 フラワーカップG3 芝1800m ダンスインザムード 武豊 藤沢和雄
2003/03/22 6中山7 11R 第17回 フラワーカップG3 芝1800m マイネヌーヴェル 横山典弘 稲葉隆一
2002/03/16 6中山7 11R 第16回 フラワーカップG3 芝1800m スマイルトゥモロー 岡部幸雄 勢司和浩
2001/03/17 6中山7 11R 第15回 フラワーカップG3 芝1800m タイムフェアレディ 蛯名正義 中野栄治
2000/03/18 6中山7 11R 第14回 フラワーカップG3 芝1800m マルターズスパーブ 柴田善臣 堀井雅広
1999/03/20 6中山7 11R 第13回 フラワーカップG3 芝1800m サヤカ 柴田善臣 鈴木康弘
1998/03/21 6中山7 11R 第12回 フラワーカップG3 芝1800m スギノキューティー 河内洋 浅見秀一
1997/03/15 6中山7 11R 第11回 フラワーカップG3 芝1800m シーキングザパール 武豊 森秀行
1996/03/16 6中山7 11R 第10回 フラワーカップG3 芝1800m ヒシナタリー 角田晃一 佐山優
1995/03/18 6中山7 11R 第9回 フラワーカップG3 芝1800m イブキニュースター M.ロバーツ 橋口弘次郎
1994/03/19 6中山7 11R 第8回 フラワーカップG3 芝1800m オンワードノーブル 杉浦宏昭 二本柳俊夫
1993/03/20 6中山7 11R 第7回 フラワーカップG3 芝1800m ホクトベガ 加藤和宏 中野隆良
1992/03/21 6中山7 11R 第6回 フラワーカップG3 芝1800m ブランドアート 中舘英二 石毛善衛
1991/03/16 6中山7 11R 第5回 フラワーカップG3 芝1800m フラッシュシャワー 柴田善臣 八木沢勝美
1990/03/17 6中山7 11R 第4回 フラワーカップG3 芝1800m ユキノサンライズ 増沢末夫 鈴木康弘
1989/03/18 6中山7 11R 第3回 フラワーカップG3 芝1800m リアルサファイヤ 増沢末夫 栗田博憲
1988/03/19 5東京7 11R 第2回 フラワーカップG3 芝1800m フリートーク 増沢末夫 鈴木康弘
1987/03/21 6中山7 10R 第1回 フラワーカップG3 芝1800m ハセベルテックス 小迫次男 畠山重則
1986/03/15 6中山7 9R フラワーカップ 芝2000m ファーストマイテイ 岡部幸雄 田中和夫

Wikipedia

フラワーカップ(ふらわーかっぷ)は、日本の日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝1800メートルで施行する中央競馬の重賞(GIII)競走である。

競走名は英語で花を意味する「flower」から。

1979年に中山競馬場の4歳(現3歳)牝馬限定の別定の芝1600mのオープン特別競走、フラワーカップとして施行されたのが始まり。

1982年のみ施行距離を芝1800mに、1983年からは芝2000mで施行された。

1987年からは牝馬限定のクラシック競走の桜花賞の前哨戦が関西圏のフィリーズレビューとチューリップ賞しか無かった事に伴い、中山競馬場の4歳(現3歳)牝馬限定の別定の芝1800mの重賞(GIII)競走、フラワーカップとして新設、関東圏の桜花賞の前哨戦として位置付けされた。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

ニュース