第22回シルクロードステークス(2017年1月29日)の予想

KLANユーザーの2017年シルクロードステークス予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
          133.5 8.2 6.3 3.7 14.9 68.1 6.4 37.3 3.9 22.9 65.6 80.9 9.3 単勝オッズ
12 13 2 11 3 8 1 9 6 4 7 10 5 着順
× ルッシ さん ルッシ 184.7%
ティーダ さん ティーダ 155.7%
TTT さん TTT 151.4%
taikim27 さん taikim27 148.9%
しかお さん しかお 133.4%

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

ネロ
21人
馬名 投票数
ネロ
21人
ソルヴェイグ
9人
ラインスピリット
8人
ダンスディレクター
7人
セイウンコウセイ
6人
回収率100%超えのユーザーはネロを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、ネロを2017年シルクロードステークスの軸馬として支持。57人中21人が本命馬と予想しています。

また、全体では1,713人がシルクロードステークスを予想し、605人のユーザーがネロを軸馬と予想しています。これは35.3%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝2.3倍となります。

競馬予想ブログ(シルクロードステークスの予想・分析)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:シルクロードステークス」が含まれるブログ記事です。

第22回シルクロードステークス(2017年1月29日)のレース結果

レース結果

着順 馬名 騎手 着差 人気
1 7 ダンスディレクター 武豊 1.07.8
2 11 セイウンコウセイ 松田大作 クビ
3 9 セカンドテーブル 水口優也 11/2
ラップタイム
  • 11.9
  • 10.9
  • 11.1
  • 11.3
  • 11.1
  • 11.5
通過
  • 33.9
  • 45.2
  • 56.3
上がり
  • 45.0
  • 33.9

払い戻し

単勝
7
670円
複勝
7
230円
11
250円
9
400円
ワイド
7-11
890円
7-9
1,440円
9-11
1,260円
枠連
5-7
600円
馬連
7-11
2,270円
馬単
7-11
4,710円
3連複
7-9-11
7,860円
3連単
7-11-9
40,820円

競馬予想ブログ(シルクロードステークスの回顧)

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:シルクロードステークス」「キーワード:回顧」が含まれるブログ記事です。

シルクロードステークスレース動画(YouTube)

2017年シルクロードステークス

過去データ

枠番別傾向

1枠の複勝率
44.4%
  1. 1枠
    4
  2. 2枠
    2
  3. 3枠
    1
  4. 4枠
    3
  5. 5枠
    1
  6. 6枠
    1
  7. 7枠
    1
  8. 8枠
    2
3着以内の数

脚質別割合

先行の成績
4-2-2-11
3着内占有率
逃げ
13.3%
先行
53.3%
差し
20.0%
追込
13.3%

人気薄馬の騎手

  1. 2014 143.2倍
    リトルゲルダ
    • 3着
    • 3枠
    • 6番
    • 差し
    • 菱田裕二
  2. 2016 90.9倍
    ワキノブレイブ
    • 3着
    • 4枠
    • 7番
    • 差し
    • 小牧太
  3. 2015 36.7倍
    セイコーライコウ
    • 3着
    • 8枠
    • 15番
    • 追込
    • 藤岡康太

施行コース

京都・芝1200m(内)
京都・芝1200m(内)のコース図
直線・コーナーデータ
  • 平坦
  • コーナー:2回
  • 直線距離:323m
  • コーナーまでの距離:301m

Bコース使用

コースのポイント
  • スタートすぐに上りで、あとは下り→平坦。先行馬が押し切りやすい形状。
  • 阪神や中山の急坂コースで止まった先行馬の巻き返しに注意。
  • キングカメハメハは得意データコースも、ロードカナロアでの上げ底もあり。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2017/01/29 8京都2 11R 第22回 シルクロードステークスG3 芝1200m ダンスディレクター 武豊 笹田和秀
2016/01/31 8京都2 11R 第21回 シルクロードステークスG3 芝1200m ダンスディレクター 浜中俊 笹田和秀
2015/02/01 8京都2 11R 第20回 シルクロードステークスG3 芝1200m アンバルブライベン 田中健 福島信晴
2014/02/02 8京都2 11R 第19回 シルクロードステークスG3 芝1200m ストレイトガール 岩田康誠 藤原英昭
2013/01/27 8京都2 11R 第18回 シルクロードステークスG3 芝1200m ドリームバレンチノ 松山弘平 加用正
2012/01/28 8京都1 11R 第17回 シルクロードステークスG3 芝1200m ロードカナロア 福永祐一 安田隆行
2011/01/29 8京都1 11R 第16回 シルクロードステークスG3 芝1200m ジョーカプチーノ 藤岡康太 中竹和也
2010/02/07 8京都4 11R 第15回 シルクロードステークスG3 芝1200m アルティマトゥーレ 横山典弘 奥平雅士
2009/02/08 8京都4 11R 第14回 シルクロードステークスG3 芝1200m アーバンストリート 福永祐一 野村彰彦
2008/02/10 8京都4 11R 第13回 シルクロードステークスG3 芝1200m ファイングレイン 幸英明 長浜博之
2007/02/04 8京都4 11R 第12回 シルクロードステークスG3 芝1200m エムオーウイナー 小牧太 服部利之
2006/02/05 8京都4 11R 第11回 シルクロードステークスG3 芝1200m タマモホットプレイ 渡辺薫彦 南井克巳
2005/02/06 8京都4 11R 第10回 シルクロードステークスG3 芝1200m プレシャスカフェ 蛯名正義 小島太
2004/02/08 8京都4 11R 第9回 シルクロードステークスG3 芝1200m キーンランドスワン A.スボリッチ 森秀行
2003/02/09 8京都4 11R 第8回 シルクロードステークスG3 芝1200m テイエムサンデー 秋山真一郎 福島勝
2002/02/03 8京都4 11R 第7回 シルクロードステークスG3 芝1200m ゲイリーフラッシュ 小林徹弥 安田伊佐夫
2001/02/04 8京都4 11R 第6回 シルクロードステークスG3 芝1200m トロットスター 蛯名正義 中野栄治
2000/02/06 8京都4 11R 第5回 シルクロードステークスG3 芝1200m ブロードアピール 武幸四郎 松田国英
1999/04/25 8京都2 11R 第4回 シルクロードステークスG3 芝1200m マイネルラヴ 松永幹夫 稲葉隆一
1998/04/26 8京都2 11R 第3回 シルクロードステークスG3 芝1200m シーキングザパール 武豊 森秀行
1997/04/20 8京都2 11R 第2回 シルクロードステークスG3 芝1200m エイシンバーリン 南井克巳 坂口正則
1996/04/28 8京都4 11R 第1回 シルクロードステークスG3 芝1200m フラワーパーク 田原成貴 松元省一
1995/05/06 8京都5 11R シルクロードステークス 芝1200m ゴールドマウンテン 岸滋彦 佐山優
1994/05/07 9阪神5 11R シルクロードステークス 芝1200m ゴールドマウンテン 角田晃一 佐山優
1993/05/08 8京都5 11R シルクロードステークス 芝1200m ユウキトップラン 河内洋 佐山優
1992/05/09 8京都5 11R シルクロードステークス 芝1200m ユウキトップラン 武豊 佐山優
1991/05/04 8京都5 11R シルクロードステークス 芝1200m メイショウマキーナ 田島良保 高橋直
1990/05/05 8京都5 11R シルクロードステークス 芝1200m エーコーシーザー 武豊 安田伊佐夫
1989/05/06 8京都5 11R シルクロードステークス 芝1600m シヨノロマン 武豊 庄野穂積

Wikipedia

シルクロードステークスは、日本の日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場の芝1200メートルで施行する中央競馬の重賞(GIII)競走である。

競走名はシルクロードから由来。

1989年に京都競馬場の芝1600mの5歳(現4歳)以上の別定の混合のオープン特別競走、シルクロードステークスとして施行されたのが始まり。

1990年には現在の芝1200mに変更、1996年に同条件で混合の指定の重賞競走として新設され、第1回は現在同様に京都競馬場の芝1200mで施行された。

2002年には負担重量がハンデキャップ競走になると共に指定競走から除外、地方所属の競走馬は出走ができなくなり、2006年からは混合競走から国際競走に指定された。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

ニュース