第34回東海ステークスのレース結果

レース結果

着順 馬名 騎手 着差 人気
1 8 グレンツェント 横山典弘 1.53.2
2 4 モルトベーネ 秋山真一 1/2
3 14 メイショウウタゲ 幸英明 1/2
ラップタイム
  • 13.0
  • 11.5
  • 13.6
  • 13.1
  • 12.5
  • 12.4
  • 12.4
  • 12.0
  • 12.7
通過
  • 38.1
  • 51.2
  • 63.7
上がり
  • 49.5
  • 37.1

払戻

単勝
8
260円
複勝
8
120円
4
1,160円
14
910円
ワイド
4-8
3,240円
8-14
2,130円
4-14
17,900円
枠連
2-4
8,580円
馬連
4-8
12,560円
馬単
8-4
17,380円
3連複
4-8-14
88,830円
3連単
8-4-14
465,440円

競馬予想ブログの東海ステークス回顧

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:東海ステークス」「キーワード:回顧」が含まれるブログ記事です。

第34回東海ステークスの予想

KLANユーザーの2017年東海ステークス予想です。
直近30日間、最低予想レース数50レースを条件とし、単勝回収率の成績のよい上位5名を表示しています。

16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
馬名
    12.7 58.1 44.4 36.6 158.7 84.4 34.4 5.7 2.6 70.5 17.2 12.0 60.9 236.1 19.3 3.5 単勝オッズ
14 5 3 7 10 13 16 6 1 4 9 12 2 15 11 8 着順
× ダッツ さん ダッツ 195.8%
loser さん loser 154.2%
踏み切ってジャンプ さん 踏み切ってジャンプ 146.4%
× × × × ツインターボ さん ツインターボ 143.6%
× シゲ@未勝利 さん シゲ@未勝利 141.1%

予想オッズ(1485人の軸馬予想より算出)

1アスカノロマン
2.3倍
馬名 予想オッズ
アスカノロマン
2.3倍
グレンツェント
2.8倍
ピオネロ
4.0倍
インカンテーション
12.8倍
ロワジャルダン
23.8倍
モズライジン
33.0倍
リッカルド
74.2倍
ロンドンタウン
84.9倍
ラストインパクト
108.0倍
カゼノコ
148.5倍
ショウナンアポロン
198.0倍
モルトベーネ
198.0倍
メイショウウタゲ
237.6倍
カラクプア
297.0倍
マイネルクロップ
1188.0倍
トウショウフリーク
***.*倍

回収率100%超えユーザーの軸馬予想

8グレンツェント
11人
馬名 投票数
グレンツェント
11人
アスカノロマン
10人
ピオネロ
7人
インカンテーション
6人
カゼノコ
2人
回収率100%超えのユーザーはグレンツェントを軸馬と予想

軸馬予想の単勝回収率100%超えユーザーは、グレンツェントを2017年東海ステークスの軸馬として支持。39人中11人が本命馬と予想しています。

また、全体では1,485人が東海ステークスを予想し、515人のユーザーがアスカノロマンを軸馬と予想しています。これは34.7%の支持率で、予想オッズとして計算すると単勝2.3倍となります。

競馬予想ブログの東海ステークス予想

KLANに登録されている競馬予想ブログから「開催年:2017年」「レース名:東海ステークス」が含まれるブログ記事です。

東海ステークスレース動画(YouTube)

2017年東海ステークスの
関連レース動画が見つかりません。

過去データ

枠番別傾向

5枠の複勝率
30.0%
  1. 1枠
    0
  2. 2枠
    2
  3. 3枠
    2
  4. 4枠
    2
  5. 5枠
    3
  6. 6枠
    1
  7. 7枠
    3
  8. 8枠
    2
3着以内の数

脚質別割合

先行の成績
3-2-1-13
3着内占有率
逃げ
6.7%
先行
40.0%
差し
46.7%
追込
6.7%

人気薄馬の騎手

  1. 2017 96.3倍
    モルトベーネ
    • 2着
    • 2枠
    • 4番
    • 先行
    • 秋山真一郎
  2. 2017 59.6倍
    メイショウウタゲ
    • 3着
    • 7枠
    • 14番
    • 差し
    • 幸英明
  3. 2015 46.0倍
    グランドシチー
    • 2着
    • 8枠
    • 13番
    • 差し
    • 津村明秀

施行コース

中京・ダ1800m
中京・ダ1800mのコース図
直線・コーナーデータ
  • 急坂
  • コーナー:4回
  • 直線距離:410.7m
  • コーナーまでの距離:291.8m

Bコース使用

コースのポイント
  • 急坂途中からのスタート。下級条件はスロー、上級条件は平均~ハイ想定。
  • コーナー4回の1800mコース。内側で我慢し馬群を割れるタイプを。
  • 種牡馬では、スペシャルウィーク・ブライアンズタイムをまず探したい。

歴代優勝馬

開催日 開催 R レース名 距離 優勝馬 騎手 調教師
2017/01/22 7中京4 11R 第34回 東海ステークスG2 ダ1800m グレンツェント 横山典弘 加藤征弘
2016/01/24 7中京4 11R 第33回 東海ステークスG2 ダ1800m アスカノロマン 太宰啓介 川村禎彦
2015/01/25 7中京4 11R 第32回 東海ステークスG2 ダ1800m コパノリッキー 武豊 村山明
2014/01/26 7中京4 11R 第31回 東海ステークスG2 ダ1800m ニホンピロアワーズ 酒井学 大橋勇樹
2013/01/20 7中京2 11R 第30回 東海ステークスG2 ダ1800m グレープブランデー C.ルメール 安田隆行
2012/05/19 8京都9 11R 第29回 東海ステークスG2 ダ1900m ソリタリーキング 浜中俊 石坂正
2011/05/22 8京都10 11R 第28回 東海ステークスG2 ダ1900m ワンダーアキュート 和田竜二 佐藤正雄
2010/05/23 8京都2 10R 第27回 東海ステークスG2 ダ1900m シルクメビウス 田中博康 領家政蔵
2009/05/24 7中京2 10R 第26回 東海ステークスG2 ダ2300m ワンダースピード 小牧太 羽月友彦
2008/05/25 7中京2 11R 第25回 東海ステークスG2 ダ2300m ヤマトマリオン 小林徹弥 安達昭夫
2007/05/20 7中京2 11R 第24回 東海ステークスG2 ダ2300m メイショウトウコン 武幸四郎 安田伊佐夫
2006/05/21 7中京2 11R 第23回 東海ステークスG2 ダ2300m ハードクリスタル 藤岡佑介 作田誠二
2005/05/22 7中京2 11R 第22回 東海ステークスG2 ダ2300m サカラート 秋山真一郎 石坂正
2004/05/23 7中京2 11R 第21回 東海ステークスG2 ダ2300m アンドゥオール 松永幹夫 長浜博之
2003/05/25 7中京2 11R 第20回 東海ステークスG2 ダ2300m ゴールドプルーフ 丸野勝虎 今津勝之
2002/05/19 7中京2 11R 第19回 東海ステークスG2 ダ2300m ハギノハイグレイド 福永祐一 松田国英
2001/05/20 7中京2 11R 第18回 東海ステークスG2 ダ2300m ハギノハイグレイド 池添謙一 松田国英
2000/05/21 7中京2 11R 第17回 東海ステークスG2 ダ2300m ファストフレンド 蛯名正義 高市圭二
1999/06/13 7中京8 11R 東海ステークス ダ1700m キョウトシチー 安藤勝己 中尾謙太郎
1998/06/14 7中京8 11R 東海ステークス ダ1700m パーソナリティワン 徳吉孝士 久恒久夫
1997/06/08 7中京8 11R 東海ステークス ダ1700m エムアイブラン 小池隆生 伊藤修司
1996/06/02 7中京6 11R 東海ステークス ダ1700m スピードアイリス 福永祐一 森秀行
1995/07/02 7中京6 11R 東海ステークス ダ1700m チアズアトム 本田優 星川薫
1994/07/03 7中京6 11R 東海ステークス ダ1700m プロストライン 竹原啓二 松山康久
1992/07/04 7中京5 11R 東海ステークス ダ1700m ヘイセイシルバー 安藤賢一 大根田裕也
1991/06/29 7中京5 11R 東海ステークス ダ1700m ワンモアニードユー 角田晃一 渡辺栄

Wikipedia(東海ステークス)

東海ステークス(とうかいすてーくす)は、日本の日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場のダート2300メートルで施行する中央競馬の重賞(GII)競走である。

正式名称は東海テレビ杯東海ステークス、東海テレビ放送が優勝杯を提供している。

1984年に4歳(現3歳)以上の混合の別定の重賞(GIII)競走、ウインターステークスとして創設、第1回は中京競馬場のダート2200mで施行され、中央競馬のダート重賞路線を締め括る競走として位置付けられた。

1985年からは全国指定交流競走に指定、地方競馬地方所属馬が出走可能になり、1990年からは施行距離をダート2300mに変更、1996年からは特別指定競走に指定、JRAに認定された地方所属馬のみが出走可能に変更になった。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

Googleニュース