小島太(こじま ふとし)

生年月日 1947年4月11日(70歳)
所属 美浦:フリー
初免許年 1966年(引退・抹消)
免許 [平地]
平地勝利数 1018勝
平地獲得賞金 6,293万3,466円
平地重賞 31勝(うちG1を8勝)
障害通算成績 6勝 / 0円
Wikipedia 小島太
ソーシャル TwitterFacebook
ブログ ありません
外部サイト ありません

最近の成績と騎乗予定

データがありません

小島太は、引退もしくは抹消されているためデータがありません。

通算成績

着度数
296-239-233-1801
重賞
31勝
勝率
11.5%
連対率
20.8%
複勝率
29.9%
単勝回収値
73円
複勝回収値
70円
芝・着度数
186-163-149-1073
ダ・着度数
110-76-84-728

年度別勝利数

タイムライン

小島太- Wikipediaより引用
小島 太(こじま ふとし、1947年4月11日 - )は、北海道出身で、日本中央競馬会(JRA)の元騎手、現在は調教師である。2005年に騎手デビューした小島太一は四男(他の子息は調教助手の小島良太など)。騎手としての成績は平地競走 平地8460戦1018勝・障害競走 障害16戦6勝である。 現役時代の名人芸「6頭立てでもインに詰まる」(サクラヤマトオーのディセンバーS)「人気を背負った馬で極端な追い込み策をとり、なおかつハナ差で負ける」(サクラチトセオーの安田記念)その騎乗は、数多くの競馬ファンを驚愕させた。そのため、「フトシは嫌いだ」「へたくそ」「猫とフトシはよんでも来ない」などと罵る競馬ファンも多かったが、その人間的な魅力やここ一番での大胆な騎乗でファンも多かった。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

1966年

  • 初騎乗
    1985年以前のデータはデータベースに存在しないため、初騎乗のレースに関するデータは取得出来ませんでした。
  • 初勝利
    1985年以前のデータはデータベースに存在しないため、初勝利のレースに関するデータは取得出来ませんでした。

1986年

  • G1レース勝利
    東京10R 天皇賞(秋)サクラユタカオーで優勝。単勝2番人気での勝利でした。

1987年

1988年

1993年

1994年

1995年

1996年

  • 引退・抹消
    1996年2月29日に、引退・抹消となりました。

レース条件別データ

レース条件別のデータがありません

レース条件別成績は、過去5年分のデータを集計しています。
小島太騎手は、2012年から2017年でのレース条件別データが見つかりませんでした。

コース条件別データ

コース条件別のデータがありません

コース条件別成績は、過去5年分のデータを集計しています。
小島太騎手は、2012年から2017年でのコース条件別データが見つかりませんでした。

脚質別データ

脚質別のデータがありません

脚質別成績は、過去5年分のデータを集計しています。
小島太騎手は、2012年から2017年での脚質別データが見つかりませんでした。

血統別データ

血統別のデータがありません

血統別成績は、過去5年分のデータを集計しています。
小島太騎手は、2012年から2017年での血統別データが見つかりませんでした。

調教師・馬主別データ

調教師・馬主別のデータがありません

調教師・馬主別成績は、過去5年分のデータを集計しています。
小島太騎手は、2012年から2017年での調教師・馬主別データが見つかりませんでした。