鹿戸雄一(しかと ゆういち)

生年月日 1962年5月23日(55歳)
所属 美浦:フリー
初免許年 1984年(引退・抹消)
免許 [平地]
平地勝利数 346勝
平地獲得賞金 5,133万9,894円
平地重賞 3勝(うちG1を0勝)
障害通算成績 0勝 / 0円
Wikipedia 鹿戸雄一
ソーシャル TwitterFacebook
ブログ ありません
外部サイト ありません

最近の成績と騎乗予定

データがありません

鹿戸雄一は、引退もしくは抹消されているためデータがありません。

通算成績

着度数
313-311-346-4061
重賞
3勝
勝率
6.2%
連対率
12.4%
複勝率
19.3%
単勝回収値
60円
複勝回収値
63円
芝・着度数
139-145-155-2075
ダ・着度数
174-166-191-1986

年度別勝利数

タイムライン

鹿戸雄一- Wikipediaより引用
鹿戸 雄一(しかと ゆういち、1962年5月23日- )は、日本中央競馬会(JRA)美浦トレーニングセンター所属の調教師で、元騎手である。北海道出身。元調教師の鹿戸幸治、調教師の鹿戸明は親戚にあたる。1984年に久保田金造厩舎所属で騎手デビュー。初騎乗は同年3月4日中山競馬場 中山競馬第1競走のキクノファイターで13頭立ての9着。初勝利は同年10月27日東京競馬場 東京競馬第1競走のグレーカスタムであった。1991年に師匠の久保田金造調教師が死去し、厩舎が解散したため、フリーとなった。また、同年のアングロアラブの重賞、タマツバキ記念をヨドノチカラで制し、重賞初勝利を飾った。しばらく重賞勝ちがなかったが、1998年にマイネルプラチナムで札幌2歳ステークス 札幌3歳ステークスを制し、7年ぶりの重賞勝利を挙げた。その後はビーマイナカヤマとのコンビで2000年と2001年のガーネットステークスを連覇するなど、ダート重賞で活躍した。ダートグレード競走も1999年6月10日の北海道スプリントカップと、2001年12月10日のとちぎマロニエカップ、及び。群馬記念、朱鷺大賞典、かしわ記念を勝利している。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

1984年

  • 初騎乗
    1985年以前のデータはデータベースに存在しないため、初騎乗のレースに関するデータは取得出来ませんでした。
  • 初勝利
    1985年以前のデータはデータベースに存在しないため、初勝利のレースに関するデータは取得出来ませんでした。

2007年

  • 引退・抹消
    2007年2月28日に、引退・抹消となりました。

レース条件別データ

レース条件別のデータがありません

レース条件別成績は、過去5年分のデータを集計しています。
鹿戸雄一騎手は、2012年から2017年でのレース条件別データが見つかりませんでした。

コース条件別データ

コース条件別のデータがありません

コース条件別成績は、過去5年分のデータを集計しています。
鹿戸雄一騎手は、2012年から2017年でのコース条件別データが見つかりませんでした。

脚質別データ

脚質別のデータがありません

脚質別成績は、過去5年分のデータを集計しています。
鹿戸雄一騎手は、2012年から2017年での脚質別データが見つかりませんでした。

血統別データ

血統別のデータがありません

血統別成績は、過去5年分のデータを集計しています。
鹿戸雄一騎手は、2012年から2017年での血統別データが見つかりませんでした。

調教師・馬主別データ

調教師・馬主別のデータがありません

調教師・馬主別成績は、過去5年分のデータを集計しています。
鹿戸雄一騎手は、2012年から2017年での調教師・馬主別データが見つかりませんでした。